【お酒と映画】『カフェ・ソサエティ』~軽妙洒脱を嗜む~

今回は『カフェ・ソサエティ』(原題:Café Society)という映画作品に関する記事です。実に軽妙洒脱な大人のロマンチック・ラブコメで、お酒を片手に気軽な気持ちで観るのにおススメの作品です。

『カフェ・ソサエティ』とは

『カフェ・ソサエティ』とは、2016年にアメリカにて公開された映画です。1930年代のハリウッドの上流社会「カフェ・ソサエティ」を舞台に、一人の男と二人の女にまつわるラブロマンスをコメディチックに描く・・・そんな内容です。

公式サイトはこちら

スタッフ/キャスト

監督・脚本はウディ・アレンさんです。代表作に『ミッドナイト・イン・パリ』や『アニー・ホール』などがあり、監督として数多くの映画コンペにて輝かしい受賞歴を誇っています。また、多作の映画監督としても知られており、その作風は主にユーモラスでムーディ、そしてシニカルな要素を含むことが多いです。

主なキャストとして、煌びやかなハリウッドで二人の美女に恋した青年・ボビーを ジェシー・アイゼンバーグさん、 ボビーがハリウッドで最初に恋した美人秘書・ヴェロニカ(通称・ヴォニー)をクリステン・スチュワートさん、そしてもう一人のバツイチ美女・ヴェロニカをブレイク・ライヴリーさんが演じます。以上のメイン三人のほか、コメディアンとしても人気を得ているスティーヴ・カレルさんらが脇を固めます。

お酒嗜みポイント(+ストーリー概要)

上記に「一人の男と二人の女にまつわるラブロマンス」と書きましたが、この映画ではラブストーリーによくあるような、男女の三角関係を軸にした愛憎劇が描かれているわけではありません。ザックリとした前半の流れとしては・・・。

ニューヨークから出てきた平凡な青年・ボビーが、ハリウッドで成功を収めている叔父のフィルのもとで秘書として働く美女・ヴォニーに心を奪われます。二人は一時恋愛関係になるものの、ヴォニーの抱えるとある秘密が原因で疎遠になってしまいます。

その後、ボビーは自身のナイトクラブの経営に奮闘する中で、バツイチの美女・ヴェロニカと出会い、そして互いに惹かれ合っていきますが・・・。

 

以上のような流れになっています。換言してしまえば、<一人の冴えない青年が二人の美しきヴェロニカの間で揺れ動く物語>なので、描き方によっては泥沼な展開やジメジメした雰囲気も漂う可能性があります。

しかし、ウディ・アレン節とでもいうのでしょうか・・・ストーリーやそのテンポ感、登場キャラクター、音楽といった全ての要素がサッパリとお洒落に構成されています。ボビーと二人の美女の出会いから最後の結末まで、全体として当時の上流社会を上手く表現した軽妙洒脱な雰囲気が漂っています。

お酒でほろ酔いになりつつ映画でも観ようかな~」なんて気分の時は、このウディ・アレン作品のような軽妙洒脱な世界観の映像作品を観るのがおススメです。ウィットに富んだセリフ回しや洗練された映像美で魅せてきて、深く考えさせたり、クドクドと説教してこない・・・。筆者はそんな「おつまみ映像作品」が大好きです。

はぁ・・・ブレイク・ライヴリーさん、いつどの作品を観てもお美しい・・・眼福です。でもご本人はお酒を全く飲まないみたいなんですよね、ほろ酔いの姿も美しいだろうに残念。

最新情報をチェックしよう!