【お酒と映画】『コードネーム U.N.C.L.E.』~美男美女だらけのスパイ大作戦~

今回は『コードネーム U.N.C.L.E.』(原題: The Man from U.N.C.L.E.)という映画作品についての記事です。

『コードネーム U.N.C.L.E.』とは

2015年に公開された米英合作のスパイ・アクション映画で、1960年のドラマ『0011ナポレオン・ソロ』のリメイク作品となっています。ドラマ版は製作されたアメリカのみならず日本でもヒットしており、世代によっては親しみの湧く方もいるかもしれません。

さて、本映画は1960年代の米ソ冷戦時代、東西ドイツ及びイタリアを舞台に2人の一流スパイの活躍を描いた作品です。特別な知識・教養は必要ないと思いますが、冷戦時代におけるアメリカ・ソ連などの関係性くらいは理解しておくとすんなり作品に入り込めるでしょう。

公式サイトはこちら

主な画像出典元はこちら

スタッフ/キャスト

監督・脚本は『シャーロック・ホームズ』や『アラジン』などで知られるガイ・リッチーさんが務めています。

主なキャストとして、CIA(アメリカの中央情報局)のスパイのナポレオン・ソロをヘンリー・カヴィルさん、KGB(ソ連の保安委員会)のスパイのイリヤ・クリヤキンをアーミー・ハマーさんが演じます。彼らの他にもアリシア・ヴィキャンデルさんやエリザベス・デビッキさん、ヒュー・グラントさんといった豪華キャストが出演しています。

お酒嗜みポイント(+ストーリー概要)

気軽に観れる大枠の設定

本作は冷戦時代を舞台にした作品と述べましたが、それほど史実に沿ったストーリーではないためそこまで気構えないで楽しめる作品です。あらすじは以下のようなもの・・・。

米ソ冷戦下、アレクサンダーとヴィクトリア夫妻率いるイタリアの大企業「ヴィンチグエラ」は、表の仕事とは別に裏で核兵器の大量生産を画策していた。

その情報を掴んだCIAとKGBは、彼らの企みを阻止するためにこれまでの政治的対立を超えて手を組むことになる。CIAスパイ・ナポレオンとKGBスパイ・クリヤキンはともに仕事の腕は確かだが、姿勢・思考は正反対なところがあり・・・。

彼らは時折対立しながらも、事件のカギを握る核兵器科学者のウド・テラー博士の娘であるギャビーとともに、任務完遂のために奮闘していく。

CIAとKGBが手を組む時点でかなり荒唐無稽な話で、しかも敵が核兵器量産を企む巨大企業というのもベタベタな設定なのですが・・・だからこそ本作は気軽に観れる娯楽作品になっています。

本作はお酒を片手に気軽に観れる一方で、ヘタしたらB級映画にもなりかねない設定です。しかし、後述するように細部がしっかりと練られていて、お洒落で統一感のある世界観が醸成されているため、作品のB級化を免れているように筆者は思います。

明確に描き出されたキャラクター

本作は登場人物のキャラクターが丹念に描かれています。

まず、バディを組む主役2人についてです。CIA・ナポレオンはいついかなる時も冷静沈着な男で、ブリティッシュスタイルのスーツでキメている紳士。紳士的な一方で女好きのプレイボーイでもあり、悪女にも簡単に惑わされてしまうようなお調子者でもあります。

KGB・クリヤキンは仕事に支障が出る時もあるほど感情的な側面のある男で、スエードのジャケット姿で過激にアクションをこなします。また、基本的に生真面目なため、女性に対しても一途で奥手な一面を持っています。

仕事や女性に対する姿勢の異なるキャラクターが組む“バディもの”は、スパイアクションや刑事アクションのザ・王道。本作もその例に漏れず、彼らの凸凹な部分から面白さが生まれています。

とある夜にナポレオンが敵・ヴィクトリアとすんなり楽しんだ一方、その翌朝にクリヤキンがヒロイン・ギャビーとぎこちないやり取りをしている一連の展開は、2人の対比が上手く出ている気がしてクスっときました(笑)。

(1)ジョニーウォーカー

王道のバディを組む2人が劇中で嗜んでいるのは、どうやらこれまた王道のスコッチウィスキー・ジョニーウォーカー。長きに渡って世界で最も売れているウィスキーを嗜みながら、彼らの目まぐるしい活躍を応援してみては?

さらに、女性キャラクターも魅力的です。ヒロイン・ギャビーは鮮やかなオレンジやホワイトのドレスを身に纏い、クールな本作をキュート&ポップに彩ってくれます。一方、敵役・ヴィクトリアはモノトーンのスタイリッシュファッション&ダークなアイメイクで、冷酷非道な悪女というキャラクターを見事に体現しています。

主役2人が対照的なキャラとファッションであるのと同様に、ヒロインと悪女も対照的なソレになっているように見えてきます。

美男美女揃いの本作。キャスト自身のルックス・スタイルが、それぞれのキャラクターにマッチしているのがかなりの高ポイント。鑑賞していて思わず「(配役が)上手いな~」と感嘆してしまいましたよ。

心地よい音楽演出

音楽の使い方も大変魅力的です。例えば、スパイの2人と敵のチェイスシーンにて、クリヤキンのボートが敵に撃沈されて燃え上っている最中、60~70年代の名曲「Che vuole questa musica stasera」がラジオからムーディに流れるのです・・・。非常に緊迫したシーンとのギャップが最高です。日本ではお笑い芸人・ヒロシさんのテーマとして知られているので、本場とはまた違った面白さがこみ上げてしまいますが(笑)。

この他にもナポレオンの部屋の扉の前でヴィクトリアが、指をスッと立てて警護に「ステイ」の合図をすると音楽(「Jimmy Renda-Se」というラテン音楽)がピタッと止まる演出など、観ていて(聴いていて)心地よいシーンが盛りだくさんです。

 

以上のように、わかりやすくもユニークな舞台設定と、魅力的なキャラクターとそのファッション性、効果的な音楽の使い方・・・いくつものお酒を嗜みながら楽しめる要素がある映画となっています。

ファッション・音楽などが冷戦時代当時のものを活用していて、全編に渡ってスタイリッシュな世界観が保たれているのも作品への没入感を高めている気がしますね。もちろん、アクションシーンのカメラワークなど他の点も工夫されていて面白いですので、わかりやすく躍動感のあるアクションにも期待できます。

とにかく、スタイリッシュでお洒落な「お酒嗜み映画」としておススメですよ!

 

最後に、ジョニーウォーカーでほろ酔いになったところで、我らの絶対的美女・デビッキ様に見守られながら「おやすみ」を・・・。

最新情報をチェックしよう!