今回は『Bar Nadurra』を紹介します。

<池袋のウィスキーが豊富なバー『Bar Nadurra』とは?>

東池袋の雑居ビル2階にひっそりとあるオーセンティックバーです。若者たちで賑わう公園をよそめに、ビルの階段を上がって扉を開けると落ち着いたバー空間が出迎えてくれます。

店内では温かな照明と静かなジャズがゆったりと身を包み、カウンターからはバックバーに綺麗に並べられたボトルを眺めることができます。席構成はカウンターのみで、ソファ・テーブル席はありません。装飾は華美ではなく、シンプルで武骨な雰囲気漂うオーセンティックバーです。

 

<ソムリエ資格も持っている優しいバーテンダー>

オーナーバーテンダー・マツダイラさんは東京都内のバーやレストランで研鑽を積み、池袋にて『Bar Nadurra』を開店・独立を果たしました。カクテルはもちろんのこと、「日本ソムリエ協会認定 ソムリエ」や「ウィスキー・プロフェッショナル」などの資格を持つ洋酒に精通した方です。

にこやかで柔らかな接客スタンスで、一見さん・バー初心者でもお酒の好みを正直に伝えれば優しく対応してくださいます。ちなみに、店内にオーナーの娘さんの写真入りの額があり、どことなく子煩悩な一面を感じ取れます。素敵なバーマンです。

 

<レアなウィスキーがおススメ>

メインはウィスキー及びカクテルになると思います。筆者はまず1杯目にジントニックをさらっと楽しんだ後、2杯目にウィスキーをオーダーしました。筆者の曖昧でぼやけた好みを伝えたところ、マツダイラさんがおすすめしてくれたのが・・・?

(1)カリラ

スコットランド・アイラ島で生産されているカリラは、スモーキー且つフルーティな味わいを特徴としています。口あたりやフィニッシュ・余韻は軽やかでスパイシーなため、「ラガヴーリン」「アードベッグ」などほかのアイラモルトとも一味違った個性があります。


写真にあるのは国内酒販店「京都ファインワイン&スピリッツ」による、オリジナル限定ボトルバージョンのカリラです。スタンダードボトルよりもベリーなフルーティっぽさが強く、8年熟成にしては良い意味で若々しさ・トゲトゲした感じが控えめです。

自宅でスタンダードボトルを試しに飲んでみて、バーで色々な派生ボトルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

<おススメの利用シーンは一人飲み>

カウンターのみのため基本は一人飲みで、仕事終わりにサクッと楽しむサードプレイスにしたいバーです。

 

<『Bar Nadurra』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式フェイスブック(TEL:03-6914-3645
  • アクセス:東京都豊島区東池袋1-17-11 パークハイツ池袋 2F-2 <最寄り駅:池袋駅
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★★☆
  • カクテル:★★★★☆
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • 池袋の大人の社交場度:★★★★★
  • 『Bar Nadurra』が気になる方におススメのバー:池袋を代表するアットホームなバー『もるとや』
関連記事

今回は『もるとや』を紹介します。 <池袋の人気バー『もるとや』とは?> 池袋駅近くにあるウィスキーメインの老舗バーです。大通りにあるビルの裏手にひっそり佇む路面店型のバーで、店名が書かれた丸い看板とウィスキーボトルを乗せてある大きな樽が[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!