今回は『食後の詩』を紹介します。

<三軒茶屋の落ち着くバー『食後の詩』とは?>

三軒茶屋の住宅街にあるオーセンティックバーです。ビル2階のバーですが、1階のご飯屋さん脇の階段から直接お店に入れますし、看板も置いてありますので戸惑うことなく入店できると思います。

店内は全体的にウッド調のTHE・オーセンティックバーといった趣で、2軒目利用にピッタリな落ち着くバー空間となっています。キャパは10席満たないくらいのハイカウンターに、少し離れたところにグループ用のソファ席が1つある程度のややこじんまりとしたタイプです。

 

<バーテンダーはバー初心者にも丁寧に接してくれる>

店主・タケシマさんは西麻布の名バー『ウォッカトニック』などにて10年弱研鑽を積んだ後、三軒茶屋で『食後の詩』を開店・独立しました。

関連記事

今回は『WODKA TONIC』の紹介です。 <西麻布の有名バー『WODKA TONIC』とは?> 麻布エリア(西麻布・六本木等)のバー界を牽引してきた有名オーセンティックバーです。店内はカウンター席といくつかのテーブル席があり、オーセ[…]

非常に落ち着いた物腰の柔らかい方で、バー初心者の方にも緊張感を抱かせずにバータイムを演出してくださるでしょう。アシスタントの方もいらっしゃるので、オーダーを長く待たされてしまうといった状況もあまりないかと思います。

 

<美味しいカクテルやワインがおススメ>

カクテル及びウィスキーがメインだと思います。カウンターから見てバックバー左側にボトラーズものを含めたウィスキー、右側にリキュールなどが置かれていました。

「(ウィスキーやカクテルだけでなく)ワインも好きだったりします」

タケシマさんは『ウォッカトニック』でバーテンダーとして勤めていた一方で、麻布十番のレストランなどでソムリエとしても活躍していらっしゃいました。そのため、ワインにもかなりの知識がある方です。

実際にどういったワインがお店に常備されているかはわかりませんが、少なくともソムリエとしてのセンスの光る銘柄が用意されていることは想像に難くありません。

(1)巨峰のマティーニ

季節のフルーツカクテルの一つ。「カクテルの王様」と称されるマティーニ(ジンベースのスタンダードカクテル)をカジュアルにアレンジしたもので、女性でも飲みやすい仕上がりになっています。

メニュー表にはその時々のフレッシュフルーツカクテルが記載されていると思います。もし興味のある方はフルーツカクテルを嗜みつつ、バーで季節を感じてみてください。

 

<おススメの利用シーンは一人飲み・サシ飲み>

こじんまりとした一人飲み・サシ飲みがおススメです。また、恐らくですがこちらにはバーチャーム(居酒屋さんでいうところの「お通し」)がありません。店名にもあるように食事を済ませてから利用しても良いかもしれませんね。

 

<『食後の詩』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式サイトはこちら(TEL:03-5432-9631
  • アクセス:東京都世田谷区太子堂4-25-5 岡戸ビル 2F<最寄り駅:三軒茶屋駅
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★☆☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★★★
  • 友人・知人飲み:★★☆☆☆
  • 食後はここで浸りたい度:★★★★★
  • 『食後の詩』が気になる方におススメのバー:三軒茶屋を代表するバー『bar EAS MOR』
関連記事

今回は『bar EAS MOR』を紹介します。 <恵比寿のクラシカルで大人なバー『bar EAS MOR』とは?> 恵比寿駅西口近くの雑居ビル4階にあるオーセンティックバーです。ビル内型の隠れ家的なバーですが、ビル前に小さな立て看板があ[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!