アペリティフ(食前酒)とは?飲み会前におすすめのカクテル・おつまみを紹介!

今回はアペリティフをテーマにした記事。

最近では日本においてもジワジワと広まってきている素敵な文化について、おすすめのアペリティフカクテル・洋酒紹介とともに綴っていく。

アペリティフとはフランス流の0次会文化

最近たびたび話題になる「アペリティフ」という言葉はもともとフランス語で、日本語に訳すと「食前酒」のようなものを指す。飲み会・食事会・デートの前、1~2人で楽しむ「0次会」といった立ち位置だ。

フランスだけでなくアメリカ・イギリス・イタリアなど欧米を中心に、アペリティフ文化は広く浸透している。欧米ではメインの食事前に、アペリティフを楽しんでいるのだ。

日本ではまだ浸透していないアペリティフだが、都市部の落ち着いて飲めるバーやパブを中心に、ちょっとしたアペリティフを楽しんでいる人たちもいるようだ。

もし、あなたも興味があるようだったら、ぜひアペリティフにチャレンジしてみてほしい。

アペリティフのメリット・デメリット

アペリティフにはメリット・デメリットがあるためここで紹介しておく。

アペリティフのメリット

アペリティフのメリットとは、ズバリ!気分をほどよく高められることだ。本番の飲み会・デートへ、シラフではなく少し気分が高まった状態で参加できるのは魅力といえる。

また、カクテルや洋酒のもつアルコール成分や甘さ・苦味などによって、食欲増進ができるのもメリット。食欲を高めておくことでより美味しく料理を堪能できる。

アペリティフのデメリット

アペリティフのデメリットというか、注意点として挙げられるのが酔いすぎてしまう可能性があることだ。カクテルやワインなどを軽く飲んでいるうちに、気分が良くなってしまいおかわりをしすぎて、食事相手に迷惑をかけてしまうのは注意しなければならない。

特に勝負のデートや仕事関係の会食前、アペリティフによる飲みすぎや遅刻は厳禁だ。くれぐれもほろ酔い気分程度で抑えよう。

アペリティフにおすすめなお酒とおつまみ

最後にアペリティフにおすすめのお酒・おつまみを紹介する。お酒・おつまみに共通するのは、鼻や口に長く残りすぎず、比較的にあっさりとした香り・味わい・風味を楽しめるという点だ。

アペリティフではいずれにしても、後の食事に影響が残らないようなものをチョイスするのが定番。あっさりとした味わいや、爽快感や甘酸っぱさが魅力のお酒がおすすめだ。

一方で、濃い甘さや香り・風味が強いものは、デザート感覚で楽しむような食後酒に向いているだろう。

なお、各アペリティフをいただいたことのあるバー紹介記事のリンクを貼っているので、お店が気になる場合はそちらも要チェック!

スピリッツベースのスタンダードカクテル系アペリティフ

スピリッツとはジン・ラム・ウォッカ・テキーラなどを指し、おおよそだが「スピリッツ≒蒸留酒」と考えておけば大丈夫。バーで親しまれているカクテルの多くは、このスピリッツをベースに作られる。

そういったカクテルの中にはアペリティフとして人気なものがあり、特にマティーニやネグローニなどは欧米を中心に親しまれている。ここでいくつかカクテルを紹介する。

アレンジの数は無数にある、カクテルの王様・マティーニ

マティーニはジンベースのスタンダードカクテルで、巷では“カクテルの王様”と呼ばれる。映画やドラマで度々登場するほど、世界中で愛されている。

最もメジャーな「ドライマティーニ」のほか、甘さ・コク深さを堪能できる「スウィートマティーニ」、日本のバーテンダー・モウリさんが開発した「ハバナマティーニ」などいくつかの種類がある。

関連記事

今回は『MORI BAR』を紹介します。 <銀座を代表する名バー『MORI BAR』とは?> 銀座・・・いや、日本を代表する名バーの一つです。正直、筆者がこうして紹介するまでもないかもしれませんが、当サイトを閲覧してくれているこれからバ[…]

アペリティフとしてはあっさりとした味わいのドライマティーニが好まれており、その後の飲み会・食事会に影響を与えないのが魅力。

一方で、よほどの酒豪か酒慣れしていないと、一杯でもかなり酔ってしまうほどアルコール度数が高いのがデメリットかもしれない。また、カクテルに慣れていない場合は、一口運んだだけでそのドライな口当たりに衝撃を受けてしまうだろう。

アメリカ人並みの酒豪にはおすすめだが、バー初心者・カクテル初心者にはおすすめできないカクテルである。

気分は高貴な淑女・・・カクテルの女王・マンハッタン

世界中で愛されているカクテル・マンハッタンは、その優雅でしっかりとした味わいから高い人気を博しているウィスキーベースのカクテル。王様・マティーニに対して、マンハッタンは“カクテルの女王”と呼ばれており、アレンジの幅も広い。

関連記事

今回は『Feel so good』の紹介です。 <錦糸町の隠れ家バー『Feel so good』とは?> 東東京の歓楽街・錦糸町の少し外れにある路面店型オーセンティックバーです。落ち着いた照明とピアノジャズなどのジャジー[…]

派生カクテルとして「ロブロイ」というカクテルがあり、マンハッタンとは使うベースに違いがある。マンハッタンはアメリカンウィスキー、ロブロイはスコッチウィスキーを使う。

マンハッタンは華やかで大人な女性を彷彿とさせるカクテルだが、ロブロイは騎士道精神を重んじる紳士に似合う一杯。女性はアペリティフでマンハッタン、男性はロブロイを味わうのも一興だろう。

マティーニと同様でアルコール度数が強いため、初心者にはあまりおすすめできない。しかし、スイートベルモットの甘さや、ビターズのほろ苦さを堪能してみたい場合は試してみてほしい。

苦味で刺激するアペリティフの定番カクテル・ネグローニ

ジンベースの有名カクテル・ネグローニは、大人でビターな味わいが魅力。カンパリによる苦味とベルモットの甘みを堪能できる。

苦味と強いアルコールによって食欲が増進されることもあり、アペリティフとしても人気の高いカクテルの一つだ。

氷の入ったロックスタイルのカクテルであり、度数は非常に高くしっかりとした味わいなため、ゆっくりと焦らず嗜むのがおすすめだ。カンパリを使用したカクテルとしてカンパリソーダなどがあるが、そちらもアペリティフとして人気が高い。

あっさりとした甘みと可愛らしい見ためがGOOD!ウィスキーサワー

ウィスキーサワーとは、ウィスキーベースの人気ショートカクテル。マティーニなどと比べると知名度は劣るが、バー好き・カクテル好きの間では広く飲まれており、ややツウ好みな一杯だ。

高さのある細長いグラスに注がれ、レモンやオレンジを添えるのが一般的なスタイル。その可愛らしい見た目とあっさりとした甘酸っぱさが魅力で、度数もほどほどで飲みやすい。

関連記事

今回は『街路』を紹介します。 <神田・神保町のアットホームなバー『街路』とは?> 神保町・靖国通りから一本路地に入り、右手にひっそりと佇む路面店型のオーセンティックバーです。外観からどこか温かくレトロな雰囲気が広がっており、店内でもその[…]

気分をほど良く高めたいアペリティフのカクテルとしては、まさにピッタリなカクテルといえるだろう。特に女性におすすめかもしれない。

ワイン・シャンパン系アペリティフ

ワインやシャンパン(スパークリングワイン)はアペリティフとして人気が高い。特にヨーロッパではシャンパン系のアペリティフが親しまれており、食事会・デートの前によく楽しまれる。スピリッツ系のカクテルよりも、ほとんどの場合で度数が低く、飲みやすいのが特徴といえるだろう。

サッパリと楽しめる大定番!シャンパン

フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインの一種・シャンパン。その華やかな甘さや少しの酸味は、アペリティフのみならず飲み会・デート・パーティーで大人気だ。

関連記事

今回は『OPA』門前仲町店です。 <下町の隠れ家的バー『OPA』門前仲町店とは?> 銀座『OPA』の姉妹店で、東東京の飲み屋街として有名な門前仲町にあります。店内には長くて綺麗なカウンターと、いくつかのテーブル席がありま[…]

度数もほどよく飲みやすいため、アペリティフに困ったらシャンパンを楽しむのもアリだと思う。

筆者はシャンパンの場合、写真のように軽い軽食も楽しんだりする。おつまみと一緒に軽く楽しめるのはシャンパンならではの魅力かもしれない。

シャンパン+オレンジジュースのミモザ

シャンパンベース(スパークリングワインベース)のカクテルとして人気が高いミモザは、オレンジジュースと合わせて作るので爽やかな甘さが魅力

関連記事

今回は『Bar Tiare』の紹介です。 <赤坂の人気バー『Bar Tiare』とは?> 名店『OPA』で店長を務め、またあらゆるカクテルコンペにおいて活躍した、ミズサワさんが仕切る赤坂・赤坂見附エリアのオーセンティック[…]

度数がそこまで高くなく、苦味もほぼ感じないため、マティーニやマンハッタンなどよりも飲むハードルは低い。バー初心者・カクテル初心者でも飲みやすいおすすめカクテルだ。

なお、バーでは冬にフレッシュなオレンジを使って、フローズンカクテルにする場合や、派生カクテル・ホワイトミモザなどとしても人気を博している。これらがまた非常においしく、飲み会前の気分を上げるアペリティフとして最適だ。

サッパリと飲めるシャリーワイン・フィノ

シェリーワインとはワインの一種で、製造過程にてブランデーなどのスピリッツ(蒸留酒)を加えてアルコール濃度を高めたもの。アルコール度数が高いため、一般的なワインよりも保存が効くというのも魅力。

シェリーワインの中にはいくつかの種類がある。あっさりとした香りと味わいのフィノ、フィノよりも濃厚さが魅力のオロロソ、ドロッとした舌触りと濃厚な甘みが人気なペドロヒメネスなどが代表的なところ。

関連記事

今回は『Bar FORTIFIED』を紹介します。 <麻布十番のレトロなバー『Bar FORTIFIED』とは?> 麻布十番にあるシェリーワインをメインに扱っているバーです。店内は静かなオーセンティックスタイルで、レコードから昭和60年[…]

この中でアペリティフとして人気なのがフィノで、ほど良いアルコール感と爽やかな甘みなどを堪能できる。フィノをサクッと飲んで、飲み会・食事会への勢いをつけてはいかがだろう。

ちなみに、オロロソやペドロヒメネスなどは、食後酒・デザートワインのようなスタイルで楽しまれる。また、オロロソを熟成させた樽は、ウィスキーの製造過程にも使われるなど様々な活用方法がある。

キレのある気品高き一杯を堪能あれ、バンブー

シャリーワイン・フィノをベースにしたショートカクテル。優雅な見ためと華やかさのある味・風味を堪能できる一杯だ。

関連記事

今回は『BAR保志 Mons REX』を紹介します。 <銀座・新橋の有名バー『BAR保志 Mons REX』とは?> 新橋寄りの銀座8丁目の路上にある路面店型オーセンティックバーです。銀座の有名バーテンダー・ホシさんによる「Bar 保志[…]

フィノにドライベルモットやビターズが加わることで、口当たりや味わいが辛口に仕上がる。しつこくないテイストなので、アペリティフカクテルとして非常に優秀といえるだろう。

王様・ドライマティーニのような感覚で嗜めるカクテルだが、度数は若干控えめになっているのでやや飲みやすい。カクテルを飲みなれていない方にも、ショートカクテル入門としておすすめできる。

アペリティフに最適なおつまみは?

アペリティフに向いているおつまみは、代表的なものとしてミックスナッツ・ドライフルーツ、カナッペなどがある。

このほか甘さ控えめな和菓子、ほど良い塩っ気のあるサラミ・生ハムなども向いている。

どれもバーでよくお通しとして出されるだけでなく、自分でも手軽に作れるのが魅力。食事会・デートなど外食前のアペリティフだけでなく、自宅での軽いおつまみとして最適だろう。

関連記事

今回はお酒にマッチするおつまみを紹介する。紹介するのはバーでもよく「お通し(バーチャーム)」として提供されることも多いものばかりなので、自宅での気軽な飲みにもおすすめだ。 絶妙な甘みや塩っ気が魅力のおつまみは、カクテル・ウィスキー・ワ[…]

おわりに

今回のテーマはアペリティフについてだった。アペリティフはフランス流の0次会・食前酒の立ち位置で、欧米を中心に親しまれている文化。

日本ではオシャレに敏感な人たちを中心にやられているが、まだまだ浸透しているとはいえない。

あなたもぜひ、今回紹介したお酒を中心に、自分に最適なアペリティフカクテル・洋酒を見つけてみてはいかが?

最新情報をチェックしよう!