今回は『MORI BAR』を紹介します。

<銀座を代表する名バー『MORI BAR』とは?>

銀座・・・いや、日本を代表する名バーの一つです。正直、筆者がこうして紹介するまでもないかもしれませんが、当サイトを閲覧してくれているこれからバーを体験してみたい方に向けて書いていきます(笑)。

銀座7丁目のとあるビル7階にあり、そのバー空間は気品あふれるブラウンの壁とカウンター、シックなブラックの椅子で演出された“THE・オーセンティックバー”といった感じです。ちなみに、かつては『Y&M KISLING』というバーでした。

席は長いローカウンターとグループ用のテーブル席という構成で、キャパ・広さともに比較的余裕のある広々としたバーとなっています。

ちなみに、同じ銀座に『MORI BAR GRAN』という姉妹バーがあり、そちらはテラス席もあるようなお洒落なバーとなっています。デートでの利用にも向いているような敷居の高すぎないバーなので、もし気になる方はそちらも要チェックです。

 

<人気と実力を兼ね備えたバーテンダーが在籍>

オーナー・モウリさんは日本の中でも指折りの重鎮バーテンダーです。国内外のカクテルコンペで活躍した経歴をもち、お弟子さんの数は(海外の方や、自称も含めると)100人はくだらないほど・・・。

重鎮になった今でも、時間帯を絞りつつカウンターに立って接客なさっておられるようです。彼がカウンターにいない時間帯は、優秀で貫録のあるお弟子さんたちでお店を営業しています。

接客はフレンドリーとまではいかないものの、会話をほどほどに交わしつつ干渉しすぎないフラット寄りなスタンスです。

 

<絶品のカクテルがおススメ>

メインはやはりカクテルです。スタンダードやクラシックなカクテルから、季節のフルーツカクテルまで一通り対応いただけると思います。そのほか、ウィスキーやワインなども幅広く揃っていると思います。

(1)ハバナ・マティーニ

モウリさんの代表的なカクテルの一つ。ラムベースで作るマティーニで、アルコール度数が40度弱あるにも関わらず、非常に滑らかな味わいが特徴です。以下、勝手に思い出話。


「もうすぐ毛利がくるので、お待ちください・・・」

同店に初来店時、記念だからとオーダーした際にお弟子さんからそう告げられました。しばらくしてモウリさんがカウンターに現れ、筆者は酔いどれながらも背筋を伸ばしました。彼によるあのステアを眼前で眺め、「どうぞ、ハバナマティーニです」と添えられてそれをいただきました。

ラムのコクと柑橘系の香りが感じられ、お酒の素人の筆者からしてもたしかに美味かったです。そこから夢心地で・・・記憶があまりないのは後悔しかありませんが。


ベースのラムは「ハバナクラブ」を使用するのが一般的なようですので、もし興味のある方はご自宅でも作ってみてはいかがでしょうか?

 

<おススメの利用シーンは一人飲み>

キャパはそれなりにあるため、一人飲み~グループ飲みまで利用シーンはあまり限られません。

 

<『MORI BAR』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式サイトはこちら(TEL:03-3573-0610
  • アクセス:東京都中央区銀座7-5-4 ラヴィアーレ銀座ビル 7F<最寄り駅:銀座駅>
  • キャパ・広さ:★★★★☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★★
  • ウィスキー:★★★★☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★☆☆☆
  • 一人飲み:★★★★☆
  • デート飲み:★★★★☆
  • 友人・知人飲み:★★★★☆
  • 銀座を感じるならココが一番度:★★★★★
  • 『MORI BAR』が気になる方におススメのバー:モウリさんの愛弟子のバー『酒向Bar(SAKOH BAR)』
関連記事

今回は『酒向 Bar(SAKOH BAR)』を紹介します。 <銀座のアットホームなバー『酒向 Bar(SAKOH BAR)』とは?> 銀座8丁目の雑居ビル4階に位置するオーセンティックバーです。ドアを開けて左手にこじんまりとしたバー空間[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

 

最新情報をチェックしよう!