今回は『Bar Liquid Ruby』です。

<新宿の色気ある大人バー『Bar Liquid Ruby』とは?>

西新宿の雑居ビル3階にひっそりとある、バーボンウィスキーなどが充実しているオーセンティックバーです。ビル脇の階段を上がっていき右手すぐのドアを開けると、新宿駅付近の喧騒からは想像もできない色気のあるダンディなバー空間が出迎えてくれます。

ランプなどで控えめに照らされたウッド調の店内では、綺麗な一枚板のカウンターが存在感を放つ“大人の酒場”のような雰囲気が漂っています。キャパとしてはハイカウンターが6席分ほど、そして4人分のテーブルが2つ設けられています。

 

<オーナーバーテンダーは自然体の接客スタンス>

店主・ムカイヤマさんは西新宿の有名店「ハーミット」などで経験を積み、『Bar Liquid Ruby』を開店し独立しました。ジャケットの似合う気品溢れる紳士で、来客の緊張感をほぐすような自然体の接客をしてくださいます。

さて、こちらの店のバックバーはボトルが扉の奥に隠されていて、カウンターからはどんなボトルがあるのか見えないようになっています。

「そうですね、何も出してません!年代物もありますしねぇ」

カウンターからなにも窺い知れないのは、どうやら看板商品のレアなバーボンウィスキーなどのボトルを隠すためのようです・・・。まさに禁酒法時代のアメリカの酒場さながらの感じですね。

それはそうと、この<ボトルなしバックバースタイル>は、神楽坂『歯車』南青山『bar 城.』といったお店にも見受けられます。

関連記事

今回は『歯車』の紹介です。 <神楽坂の人気バー『歯車』とは?> 近年バーが急増している神楽坂・飯田橋エリアの中でも、有名な古株のオーセンティックバーです。 店内は真っ暗で、小さい蝋燭などの最低限の照明があるのみです。それに加えてバックバ[…]

関連記事

今回は『bar 城.』を紹介します。 <南青山の落ち着くバー『bar 城.』とは?> 南青山にある地下型のオーセンティックバーです。地下へと続くただならぬ雰囲気の階段を下っていくと、古城のような雰囲気漂うバー空間があります。筆者の知る限[…]

オーダーする時のヒントが少ないため、「甘めで度数の低いカクテルが良い」とか「クセのあるウィスキーが飲みたい」など、来客にとってその時の気分を直感的にオーダーできるメリットがありますね。

バー玄人はもちろんですが、バー初心者の方にこそ、こうしたお店に行って気の向くままに最高の時間を過ごしてほしいなんて思います。

 

<バーボンなどのウィスキーがおススメ>

メインはバーボンウイスキーをはじめとしたウィスキーになります。また、ウィスキーベースのカクテルなんてのもおススメです。

(1)ケンタッキー

バーボンの発祥地・ケンタッキー州を冠したスタンダードカクテル。バーボンウィスキーをベースに、パイナップルジュースを加えて作ります。バーボンウィスキーの香ばしさと、パイナップルの優しい香りを感じられるバランスの良い一杯をご自宅でも是非・・・。

 

<おススメの利用シーンは一人飲み>

一人飲み・デート飲みはもちろん、騒ぎすぎないのであればグループ飲みでも良いでしょう。

 

<『Bar Liquid Ruby』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式インスタグラム(TEL:03-6908-6664
  • アクセス:東京都新宿区西新宿7-1-4 ゼンコウビル 3F<最寄り駅:新宿駅西口>
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★☆
  • ウィスキー:★★★★★
  • カクテル:★★★★☆
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★★☆
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • ナイスバーボン!!度:★★★★★
  • 『Bar Liquid Ruby』が気になる方におススメのバー:目黒のウィスキーバー『THE MASH TUN』
関連記事

今回は『THE MASH TUN』の紹介です。 <目黒のウィスキーバー『THE MASH TUN』とは?> 目黒駅からほど近くの雑居ビル2階にあるバーです。店名の「MASH TUN(マッシュタン)」は、ウィスキー造りに使[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。 是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

 

 
最新情報をチェックしよう!