今回は『THE MASH TUN』の紹介です。

<目黒のウィスキーバー『THE MASH TUN』とは?>

目黒駅からほど近くの雑居ビル2階にあるバーです。店名の「MASH TUN(マッシュタン)」は、ウィスキー造りに使用する糖化作業を行う仕込槽を指します。店名からして「ウィスキーメインのバーなのかな?」と想像しながら扉を開けば、想像を良い意味で裏切らない圧倒的な世界観に惹き込まれます。

カウンターやバックバーに、これでもかとウィスキーボトルが所狭しと並べられ、壁際にはウィスキーの入っている紙箱が積まれている・・・。 まさに、 ウィスキー好きによる、ウィスキー好きのための、ウィスキーバーです。 

 

<ウィスキー愛好家のオーナー>

オーナー・スズキさんは東京都内のバーで務めるなどした後、目黒で現在の『THE MASH TUN』をオープンしました。バックバーとカウンターにあるボトルに囲まれながらポツンと佇んでいる様は、ちょっとだけ神秘的に見えてきます・・・(笑)。

カウンター越しで接していると最初は朴訥とした印象を抱くと思います。しかし、ウィスキーの好みなどを訊けば色々と教えてくれるはずですので、ウィスキー初心者の方でも遠慮なくオーダーしてみてくださいね。

 

<レアで美味しいウィスキーがおススメ>

バックバーなどを見渡す限り、カクテルなどで使うリキュールは置いていないです。どうやらシェイカーも見当たらないかな・・・?

「だって、ウィスキーしか出ないんですよ(笑)」

筆者の「カクテルは置いていないのですか?」の問いに、スズキさんはそう言います。今から20年弱前、オープン当初はカクテルも取扱っていたそうですが、彼がウィスキー好きなのはもちろん、常連客・一見客もウィスキー好きが多いため、自然とカクテルではなくウィスキーメインのバーになったそうです。

馴染みの客の多くは目黒在住ではなく、東京都内の他の地域や海外含め遠方から訪れているそうです。メインの客層が30代後半~60代であることと、目黒が若者寄りの街(=メイン客層が住んでいない)であることが要因にあるのかもしれません。

カクテルや他の洋酒が目当てならば、このバーはやめておいた方が良いです。ウィスキー好きならばぜひ!

 

(1)ヘーゼルバーン

スコットランド・キャンベルタウンのスプリングバンク蒸留所からリリースされているブランド。

ノンピート且つ3回蒸留のためか、口あたり・味わいはスッキリとして軽やかな印象です。ハニーっぽさやクリーミー、シナモンなどの甘さがたまらないです。シェリー樽熟成の良さを感じられますよ~。

スプリングバンク蒸留所からリリースされている香り高さとスパイシーさが魅力の「スプリングバンク」や、ピートとハニーなテイストを感じられる「ロングロウ」もお試しあれ!

 

<おススメの利用シーンは一人飲み>

お店のキャパは小さめのため、基本は一人飲みがおススメです。一人でウィスキー沼に浸かりたい方、このバーに集合!!!

 

<『THE MASH TUN』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:なし?(TEL:03-3449-3649
  • アクセス:東京都品川区上大崎2-14-3 三笠ビル 2F<最寄り駅:目黒駅>
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★☆
  • ウィスキー:★★★★★
  • カクテル:★☆☆☆☆
  • 接客スタンス:★★★☆☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★☆☆☆☆
  • 都内のバーラバーに告ぐ度:★★★★★
  • 『THE MASH TUN』が気になる方におススメのバー:人形町のウィスキーバー『BAR 鶴亀』
関連記事

今回は『BAR 鶴亀』を紹介します。 <日本橋・人形町のウィスキーバー『BAR 鶴亀』とは?> 人形町の水天宮近く、新大橋通りの路面に位置するオーセンティックバーです。こちらのお店は東京のバー界隈の中でも、人形町の代表的なウィスキー特化[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!

紹介情報はお役に立てましたでしょうか?

当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。 是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!

今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

 
最新情報をチェックしよう!