筆者は現在アラサーの社会人で、学生時代から東京都内を中心に200軒ほどのバーを巡ってきた。バーでの現場にて見聞きする限り、コロナ禍を通して学生~アラサー世代の一人飲みなどバー利用がジワジワと増えているようで、バー好きの筆者としては勝手に嬉しくなっている。

そこでこちらのページでは、バー初心者でも静かにのんびりと過ごせるおススメの東京のバーを紹介する。以下に、紹介するバーの共通点を挙げておく。

①若手~中堅バーテンダーが活躍している

②一見さんに対しても可能な限り丁寧な接客をしてくれる

③カクテルやウィスキー、ジン、ワインなど洋酒にある程度のこだわり・ノウハウを持っている

④一人飲みに最適なカウンター席があり、且つ全体の席数は抑えめ(=パブやダイニングバーほど騒がしくない)

⑤ウッド調やシックな内装、落ち着く照明・音楽で空間がデザインされている

以上のような観点から、おススメの東京のバーを10軒紹介する。他の口コミサイト・まとめサイトにありがちなただ「お洒落なバー」ではなく、「お洒落なバー空間」且つスタッフの接客が丁寧であり、男女問わず一人飲み・サシ飲みでリラックスできる可能性が高いバーであることを約束する。

しかし、一点だけ留意してほしいのは、バーテンダーも「人間」ということ。その日の調子や、お店の混雑具合によって十分な接客ができないこともある。あくまでも可能な限り明るく、カラッと接するように努めてくれるバーという認識に留めていて欲しい。

また、各バーに当サイトの詳細な紹介記事をリンクさせているので、気になったバーはそちらも併読してみて欲しい。紹介記事ではどういう経歴・こだわりをもっていて、どういう接客をするバーテンダー・スタッフが活躍しているのか、どういった利用シーンにおススメなのかなど、筆者が現場で仕入れたお店の詳細な情報を載せている。


ショッピングついでに銀座の地下BARでゆっくりと/銀座・日比谷『BAR PENGUIN』

関連記事

今回は『BAR PENGUIN』を紹介します。 <銀座の隠れ家的バー『BAR PENGUIN』とは?> 銀座2丁目のビル地下にある地下型オーセンティックバーです。海のような青い壁が印象的な階段コーナーを潜っていけば、その先には色気のある[…]

休日のランチやショッピング、エンタメでにぎわう銀座2丁目にあるオーセンティックバー。銀座柳通りから小道に入り、とあるビルの地下にひっそりと構えている。

東京を代表する名店・青山『ラジオ』の系譜にあたる店のため、名店譲りのお酒やグラス、そしてバー空間へのこだわりは、バーの初心者・玄人問わず感嘆してしまうほど。

カウンターのみの小さいバーなので、一人飲み・デート飲みに最適だ。また、立地が有楽町・日比谷にも近く、アクセスの良さも魅力。周囲でショッピングやグルメ、エンタメを楽しんだ後に、こちらで一杯いただいてみてはどうだろうか。

新橋の隠れ家でカクテルとウィスキーを楽しむ/新橋・銀座『Bar Atrium en』

関連記事

今回は『Bar Atrium en』を紹介します。 <新橋の『Bar Atrium en』とは?> 新橋駅のSL広場から徒歩数分、メインの通りから一本入った路地の地下にあるオーセンティックバーです。地下へと続く階段を下っていくと、隠れ家[…]

新橋の落ち着いた飲食店街の地下にあるバー。一見、新橋という立地からゴチャついたイメージがあるかもしれないが、こちらのバーはシックな空間が広がっており良い意味でギャップがある

上野・湯島にある老舗バー『EST!』と関係が深い店なので、内装・インテリアがちょっとした共通点がある。もちろん、カクテルやウィスキーの品ぞろえも幅広く、そういったところも老舗レベル。

カウンターとテーブル席で全て20数席分あり、バーとしての広さは平均よりやや広め。一人飲み・友人とのサシ飲みのほかに、さらにはデートなどでも楽しめるだろう。

まさにサードプレイスに最適なバー/日本橋・人形町『Bar 銀杏庵』

関連記事

今回は『Bar 銀杏庵』を紹介します。   <日本橋・人形町の憩いの酒場『Bar 銀杏庵』とは?> 人形町にひっそりと佇む路面店型のオーセンティックバーです。白を基調とした店内は暗すぎず、温かみのある雰囲気が漂っています[…]

「銀杏庵」は人形町駅・水天宮駅とほど近いエリアにある路面店型のバーで、下町の風景に溶け込むように佇んでいる。ウッド調で明るめの和モダンな雰囲気があり、バー飲みに慣れてくれば毎日通いたくなるほど。

店主はホテルバー出身のバーテンダーで、接客の所作やカクテルメイクの実力などは十分なもの。それだけでなく、常連・一見さん問わず明るく朗らかな振る舞いを徹底してくれる。

リキュールやスピリッツ、ウィスキーなどはどれも基本的なところを抑えており、よほどのオタクでなければバー飲みを楽しめるはずだ。人・酒・空間全ての点において、サードプレイスとして利用しやすいバーといえるだろう。

下町デートのラストは、明るくオシャレなBARでいかが?/門前仲町『OPA』

関連記事

今回は『OPA』門前仲町店です。 <下町の隠れ家的バー『OPA』門前仲町店とは?> 銀座『OPA』の姉妹店で、東東京の飲み屋街として有名な門前仲町にあります。店内には長くて綺麗なカウンターと、いくつかのテーブル席がありま[…]

東東京の飲み屋街・門前仲町は、居酒屋・ビストロなどの数に対してあまりバーが多くない。その中でこの「OPA」は貴重な存在で、静かな雰囲気の中で、美味しくも美しいカクテルを嗜める。

銀座にある系列店は隠れ家的な雰囲気な一方、この門前仲町店はやや開放的な雰囲気が魅力。長く綺麗なカウンター席のほかにテーブル席も充実しており、酩酊していなければグループ利用もおすすめ。

若手~中堅のバーテンダーがカウンターに常駐しており、下町のバーでありながら、銀座・麻布クラスのホスピタリティを確保している。なお、女性バーテンダーもいるため、女性の一人飲みも安心して楽しめるでしょう。

ビジネス街からほど近いウィスキー豊富な暗闇バー/西新宿『Bar Liquid Ruby』

関連記事

今回は『Bar Liquid Ruby』です。 <新宿の色気ある大人バー『Bar Liquid Ruby』とは?> 西新宿の雑居ビル3階にひっそりとある、バーボンウィスキーなどが充実しているオーセンティックバーです。ビル脇の階段を上がっ[…]

都内屈指のビジネス街・西新宿にある隠れ家バーで、控えめな照明で演出された暗闇バー空間が特徴的だ。バックバーには何もボトルやグラスが配されていないため、スッキリとまとまった雰囲気があるのもポイント高い。

メインはカクテルのほかにウィスキー(特にバーボンウィスキー)が豊富で、バーボンに関しては新宿エリア有数の品ぞろえだろう。もし、希望のものがなくても、バーテンダーへ素直に好みを伝えれば最適なボトルが見つかるはず。

かなり暗く厳かな雰囲気のバーだが、店主と談笑しつつ一杯目を嗜んでいるうちに落ち着けるだろう。バーでの一人飲みや、バーボンなどウィスキーに興味がある方はぜひ利用してほしい。

フルーツカクテルが楽しめる初心者にも優しいバー/吉祥寺『BAR130』

関連記事

今回は『BAR130』を紹介します。 <吉祥寺の隠れ家的バー『BAR130』とは?> 吉祥寺駅から徒歩数分、昭和の面影残るハモニカ横丁にあるオーセンティックバーです。ネイビーの立て看板が目印で、雑居ビルの階段から3階まで上がってください[…]

新宿・渋谷など、副都心エリアにアクセスが良い人気の街・吉祥寺を代表するバー。近年は雑多な雰囲気が出てきた吉祥寺だが、こちらのバーはとても落ち着ける雰囲気がある。

店内はホワイトの壁とブラウンのカウンター、カラフルなボトル、そしてBGMの静かなジャズで演出されている。カウンターのほかにテーブルもあるが、静かな雰囲気のため基本的に一人飲み・デート利用がおすすめ

店主は銀座の名店渋谷の人気店で研鑽を積んだバーテンダーです。銀座仕込みの味わい深いスタンダードカクテル・クラシカルカクテルはもちろん、美味しさと華やかさを兼ね備えたフルーツカクテルなども充実している。

エリア内トップクラスの超人気バー/神楽坂・飯田橋『Sanlucar BAR』

関連記事

今回は『Sanlucar BAR』を紹介します。 <神楽坂の人気バー『Sanlucar BAR(サンルーカル・バー)』とは?> 神楽坂駅出口からほど近く、14時からオープンしている昼飲みもできる路面店型のオーセンティックバーです。神楽坂[…]

都内でも屈指のバー激戦エリア・神楽坂においても、トップクラスの知名度・人気を誇るお店。店内はウッド調のスタイリッシュな空間で、バーらしく落ち着きながらお酒を堪能できる。

店主は銀座の名店で長年修行を積んだあと、満を持して独立した実力派バーテンダー。さきほど紹介した吉祥寺『BAR130』のマスターとは兄弟弟子の関係にあたる。

彼の懇切丁寧な接客と美味しいお酒、モダンな雰囲気が魅力だ。周囲にはダイニングバーやパブなどが充実しているので、そうしたお店でお腹を満たしてから、2軒目としてぜひ訪れてみてほしい。

高級住宅街の隠れ家でミクソロジーカクテルを嗜む/西麻布・六本木『Bar 霞町 嵐』

関連記事

今回は『Bar 霞町 嵐』を紹介します。 <西麻布の地下に潜む隠れ家バー『Bar 霞町 嵐』とは?> 西麻布の閑静な住宅街、とある建物の地下にある隠れ家オーセンティックバーです。西麻布・六本木エリアのバー界隈では有名なお店で、銀座などほ[…]

麻布エリアを代表するバーの一つで、閑静な高級住宅街の地下にひっそりと佇んでいる。派手な看板もない隠れ家的な外観のため、地元住民の方以外は見つけるのに少し苦労するかもしれない。

地下にあるドアを開けて入ると、上品で大人なバー空間と「いらっしゃいませ!」という明るい声に出迎えられる。笑顔が素敵で朗らかな店主は、良い意味で「西麻布のBAR」のマスターらしくない。

ここではジントニックなどのスタンダードカクテルはもちろん、季節のフレッシュフルーツをふんだんに使用したカクテル・ミクソロジーカクテルなどが人気だ。西麻布の夜を素敵に締め括りたい、六本木周辺に住んでいて仕事帰りにちょい飲みしたいといった場合におススメ。

国際的人気を誇るカクテルバー/恵比寿『BAR TRENCH』

関連記事

今回は『BAR TRENCH』を紹介します。 <恵比寿の国際派バー『BAR TRENCH』とは?> 恵比寿駅西口から徒歩数分歩いたところ、シックで控えめな外観で佇んでいる路面店型オーセンティックバーです。 国内外のバーランキング「[…]

恵比寿にある人気バーで、東京都内でも最新式のカクテルが楽しめるお店として知られている。所謂、日本の「オーセンティックバー」の雰囲気と、海外のパブっぽい空気が混在しているのが独特な魅力。

髭の似合うブラジル日系3世バーマンが店を仕切り、世界各国のリキュールやハーブを取りそろえ、外国人客が毎夜通い詰める・・・そんな国際色豊かなお店

オシャレで大人な雰囲気がありつつも、ほどよく賑やかな店の空気があるため、静かすぎる酒場が苦手な方でも利用しやすい。一人飲み・デート利用、そして友人とのサシ飲みなどに向いているでしょう。

珍しい洋酒と葉巻・料理のマリアージュを堪能/目黒・白金『バーロマニ』

関連記事

今回は『バーロマニ』を紹介します。 <目黒にある隠れ家的お店『バーロマニ』とは?> 目黒駅から恵比寿駅方面に徒歩数分、大通りに面したビルの地下にある隠れ家的バーです。 木目調でデザインされた店内は、暖かな照明にが程よく包まれ、静か[…]

目黒駅から徒歩数分、住宅街の片隅にある地下型のバー。ダークブラウンがメインで、どこか色気のあるバー空間が出迎えてくれる。一人飲み・デート利用の場合は、ゆるくカーブがかったローカウンターでくつろぐのがおすすめだ。

メインのお酒はラム・ウィスキー・シェリーなどで、そうしたお酒にマッチする料理も充実している。さらには葉巻も豊富に取り扱っており、好みに合わせて様々なシーンで利用できるのが強み

目黒・白金近辺で、シガーバー・ダイニングバーなどを探しているならばこの「ロマニ」をチョイスしてみてほしい。きっと、目的に合ったバータイムを過ごせるだろう。


「【2023年最新】初心者・女性にもおススメな東京都のバー10選!」は以上。紹介しているバーに行けば、最高のバータイムが過ごせるだろう。

なお、昨年で更新が止まっているため一部やや古い情報も含まれるかもしれないが、「【バー初心者にピッタリ】明るく丁寧な接客をしてくれる東京バー特集」にもバー初心者や女性の方でも楽しめるバーをまとめている。そして、バーに不慣れな方に向けて「【ドレスコード・マナー】絶対失敗しないバーでの過ごし方」という記事も書いている。気になるようだったらぜひ参考にしてみて欲しい。

関連記事

「はぁ・・・どうしよ、やっぱ止めとこうかな」と、重厚で分厚いバーの扉にはそう緊張させる・躊躇させる何かがある。バーに初めていく時は誰でも緊張するもの。 こちらのページでは、120軒以上のバーを巡ってきた筆者の経験から、お客に対してバー[…]

関連記事

「バーって何してれば良いの?」「実際、ドレスコードってどんな感じ?」など、バーデビューしたいという方から必ず挙げられるこれらの疑問。 こちらのページでは、150軒以上のバーを巡ってきた筆者がリアルに肌で感じてきた、バーでのおススメの過[…]

各バーの紹介記事も含めて、当サイトが少しでもバー探しの一助となれたら幸いだ。

なお、当サイトの紹介記事はエリア別検索や、フリーワード検索で絞ることもできるため、もしここで紹介していない他のバーも気になるようだったら是非活用いただきたい。

最新情報をチェックしよう!