今回は『Caruso』を紹介します。

<新宿で大人が落ち着くバー『Caruso』とは?>

新宿三丁目の雑居ビルにひっそりとあるオーセンティックバーです。ビルの階段を上がり左手の扉を開けると結構な暗闇・・・少しそこで待ちましょう。恐らくスタッフの方が出迎えてくれます。仕切りの奥に案内され、ようやく店内の全貌がみえますが、そこはかなり暗く厳かな雰囲気が広がっています。

席構成はカウンターが数席、4人程度のテーブル席が1席の比較的小さなものです。店内の雰囲気やキャパにおいては、当サイトにて紹介している神楽坂の名店・『歯車』と共通する部分があります。

また、オーナー・スズキさんはオペラが好きだそうで、店名の<Caruso>はとあるオペラ歌手の名からとり、店内BGMにもオペラを採用しているほどです。

関連記事

今回は『歯車』の紹介です。 <神楽坂の人気バー『歯車』とは?> 近年バーが急増している神楽坂・飯田橋エリアの中でも、有名な古株のオーセンティックバーです。 店内は真っ暗で、小さい蝋燭などの最低限の照明があるのみです。それに加えてバックバ[…]

 

<バー初心者にも丁寧な接客してくれるバーテンダー>

小さいバーですが、主なスタッフはオーナーのスズキさん・女性バーテンダーの計2名で、紳士的で丁寧な手厚い接客を受けられます。三丁目界隈の中でも、バー初心者や女性にも勧めることのできるバーといえます。

 

<オールドボトルも含めたレアなウィスキーがおススメ>

「えーっと・・・こんなの入りましたよ?(笑)」

訪れるたびに驚きと感動をくれるバー、それが『Caruso』。ウィスキー、ラム、ブランデー・・・王道なボトルや銘柄は当然、それに加えてニッチでマニアックなものまで充実しています。

例えばウィスキー、オフィシャルの現行品は勿論のこと、50年代流通の「バランタイン」オールドボトルや、海外でしか流通していない「アードベック<ブラック(BlaaacK)>」のカスクストレングスボトル等々、非常にレアで美味しいものが多く揃えられています

もちろん、カクテルへのこだわりも相当なものです。フレッシュミントを使用したモヒートや、季節のフルーツカクテル等、そのラインナップは非常に充実しています。置いてあるお酒の種類やフルーツの豊富さから、マスターのコレクター・オタク気質が顕著に表れていると言えましょう。

(1)アードベッグ

世界的に大人気のモルトウィスキー。強烈なスモーキーフレーバーと上品なフルーティさが特徴で、たしかにクセもありますが一度ハマると抜け出せなくなります。

 

<おススメの利用シーンは静かな一人飲み>

キャパが比較的小さいため、曜日問わずゴールデンタイム・バータイムは避けた方が無難です。また、テーブル席数が限られるため、3人以上の来店は特に注意した方がよいでしょう。基本的には一人飲み・デート飲みが最適なバーです

 

<『Caruso』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式サイト(TEL:03-3351-3585
  • アクセス:東京都新宿区新宿3-8-8 平田ビル2階<最寄り駅:新宿三丁目駅C5出口>
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★☆
  • ウィスキー:★★★★★
  • カクテル:★★★★★
  • ブランデー:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★★
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★★★
  • 友人・知人飲み:★★☆☆☆
  • 新宿の酒オタク度:★★★★★
  • 『Caruso』が気になる方におススメのバー:神楽坂の静寂バー『歯車』/あらゆるお酒を変態的に極めている恵比寿の名店『ODIN』
関連記事

今回は『ODIN』です。 <恵比寿の有名バーテンダー『ODIN』とは?> 恵比寿にある、静寂でお洒落な雰囲気が漂う地下型のバーです。恵比寿にあるバーとしては1994年創業で最古参になり、創業以来この店は名店(迷店?奇店?[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

 

最新情報をチェックしよう!