今回は『Bar 柿沼』を紹介します。

<神楽坂の人気バー『Bar 柿沼』とは?>

神楽坂の交差点からほど近くのビルにあるオーセンティックバーです。店内の照明は暗めで、BGMにクラシックが鳴っています。

やや短めのカウンターのほかに、少し離れたところにグループでも利用できる半個室のソファ席があります。

 

<店主は気配り上手で紳士なバーテンダー>

バーテンダー・カキヌマさんは埼玉(浦和)や神楽坂にて研鑽を積み、カクテルコンペで活躍したのち自身の名字を冠した『Bar 柿沼』を開店、独立を果たしました。

来客の気分に沿ったお酒を提供し、時には談笑し、グラスが空けば丁度良いタイミングで次の一杯を伺う・・・常に柔和な対応をしてくださる紳士的なバーテンダーです。

バーとしての規模が大きすぎないことで隅から隅まで行き届いたホスピタリティを保っていますので、バーデビューにも適したお店といえるのではないでしょうか。

 

<美味しいカクテル・ウィスキーがおススメ>

ウィスキーはオフィシャル・ボトラーズ問わず豊富に揃っています。また、カクテルもスタンダードなものをはじめ多種多様に対応しているようです。

「スタンダードなカクテルでも、その時々で色々試したくなりますね・・・それが今はロブロイ」

ちなみに、最近だとスタンダードカクテルの一つであるロブロイに凝っているそうで、ベースとなるウィスキーを変えるなどして日々改良に向けて試行錯誤しているそうです。

(1)ロブロイ

「あなたの心を奪いたい」というロマンチックなカクテル言葉通り、一口含めば深い甘みを感じさせてくれる大人なショートカクテル。

スコッチをベースに、スイートベルモット・ビターズ(数滴)を加えてシェイク、グラスに注いで完成。カクテルの女王・マンハッタンのベースを変えたバージョンですね。

通常のレシピではクセの少ないスコッチをベースにしますが、カキヌマ流ではアイランズ系スコッチウィスキー『タリスカー』を採用することがあります。

小さな島で造られるタリスカーは荒々しい海岸を彷彿とさせる香り・味わいを持っていますが、意外とその強烈な個性はカクテルにもマッチしていました。カクテル作りの奥深さの片鱗が垣間見えた気がします。

 

<おススメの利用シーンは落ち着いた一人飲み>

席数が多いわけではありませんので、基本的には一人飲みでの利用、2人以上の利用の場合は事前に空席確認をしておいた方がオススメです。

 

<『Bar 柿沼』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式フェイスブック(TEL:03-3235-1800
  • アクセス:東京都新宿区神楽坂6-8-46 アプロードビル 2F<最寄り駅:牛込神楽坂駅A3出口>
  • キャパ・広さ:★★★☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★★☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★★
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • 探求者たる者はかくある者か度:★★★★★
  • 『Bar 柿沼』が気になる方におススメのバー:神楽坂の有名バー『歯車』
関連記事

今回は『歯車』の紹介です。 <神楽坂の人気バー『歯車』とは?> 近年バーが急増している神楽坂・飯田橋エリアの中でも、有名な古株のオーセンティックバーです。 店内は真っ暗で、小さい蝋燭などの最低限の照明があるのみです。それに加えてバックバ[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

 

最新情報をチェックしよう!