今回は『BAR ROBROY 本八幡店』を紹介します。

<市川の有名なバー『BAR ROBROY 本八幡店』とは?>

市川の本八幡駅周辺の飲み屋街から少し離れたところ、閑静な住宅街の中にひっそりと佇む路面店型オーセンティックバーです。千葉県を代表するバー系列店「ロブロイグループ」の本店にあたり、創業から20年以上ものあいだ地元の方々から愛されてきました。

暗すぎないウッド調の落ち着く店内には、ドアから見て右手にカウンターとバックバー、通路を挟んで左手にテーブル席があります。カウンター右斜め上にテレビが吊るされ、ニュースなどが映し出されています。

バックバーにはボトルの他に、映画のDVDらしきものも置かれており、もしかしたらテレビを使って時々映画なども映しているのかもしれません。住宅街に溶け込むような過剰に緊張感を与えない“街のオーセンティックバー”という感じです。

 

<若手バーテンダーによるフレンドリーな接客>

「ロブロイグループ」全体のオーナー且つ創業者は、若くしてバーテンダー・経営者としての才能を開花させたツボイさん。現在、第一号店『BAR ROBROY 本八幡店』をはじめ、『KITCHENBAR ロブロイ』や『BAR ROBROY 西葛西店』などをプロデュースしています。また、都内でバーテンダースクールを開校し、後進の育成にも励んでいます。

ツボイさんから本店の営業を任されているのは、「ロブロイグループ」入社から7年目を迎える本店店長・タムラさん。明るくフレンドリーで、気配り上手な接客スタンスが持ち味の素敵なバーテンダーです。カウンター越しで接していると、こちらも肩ひじ張らずに自然とリラックスできます。

「(入荷するボトルの選定も含めて)全部、自分で決めています!(笑)」

ウィスキーやブランデー、ラムなどボトルの選定から、カクテルメイク・接客に至るまで、本店のほぼ全てを担っているタムラさん。

接客スキル・カクテルメイクテクニック、ボトルの選球眼、バーの経営術・・・独立するうえでも必要なそういったバーに関するスキルを、「ロブロイ」という大きな看板を背負いながら日々磨けているようです。出身は兵庫ですが、修業時代を通して本八幡に愛着が湧いているそうで、将来の独立後も本八幡でバーテンダーをしていきたいと考えておられました。

フレンドリー且つ情熱家の彼ですから、そう遠すぎない未来に本八幡で自身のバーを開き、沢山の常連客により一層愛されているのではないでしょうか!?

 

<美味しいスタンダードカクテルやウィスキーがおススメ>

スタンダードカクテルやウィスキー、その他スピリッツ満遍なく取り揃えていると思います。写真はツボイさんのオリジナルカクテル・赤富士で、コーラルスタイルが美しくしつこすぎない爽やかなカクテル。とても美味しいですよ。

(1)赤富士

柚子リキュールやグレープフルーツジュースなどをシェイクしてグラスに注ぎ、飾り付けでグラスの縁に沿うように塩を付けるコーラルスタイルで完成。柑橘系の爽やかでフルーティなカクテルです。

<おススメの利用シーンは仕事帰りの一人飲み>

やはり仕事・学校帰りにふらっと立ち寄るのが一番おススメです。きっと落ち着くバータイムが過ごせますよ。

 

<『BAR ROBROY 本八幡店』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式サイトはこちら(TEL:047-378-6560
  • アクセス:千葉県市川市南八幡5-12-14 ジュネス酒井101号<最寄り駅:JR本八幡駅>
  • キャパ・広さ:★★★☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★★☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • こんな落ち着くバー、一家に一台欲しい度:★★★★★
  • 『BAR ROBROY 本八幡店』が気になる方におススメのバー:千葉・船橋の正統派バー『BLUE CANARY 本店』
関連記事

今回は『BLUE CANARY 本店』を紹介します。 <千葉・船橋の有名なバー『BLUE CANARY 本店』とは?> 千葉・船橋市の雑居ビル2階にあり、千葉県有数の老舗オーセンティックバーです。創業以来30年以上に渡って地元の方々から[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!