今回は『BAR 祓』を紹介します。

<大宮のウィスキーバー『BAR 祓』とは?>

大宮駅東口近く、とある雑居ビル2階にあるバーです。華美な装飾はなく10席満たないくらいのカウンター、カウンター正面に数多くのボトルが並べられたバックバー、窓際に置かれたレコードから流れる1940~60年代のジャズ・・・まさにここは大人による、大人のための、大人のバー。こちらのバーはきちんとお酒を愛し、バー(酒場)をリスペクトする人が似合う。

正直、他の人に教えたくない、自分だけの自慢・秘密にしておきたい・・・でもせっかく出会えたバーだから、筆者と同じ世のお酒好き・バー好きのために書いていく。

<お酒を愛するバーテンダーの哲学>

店主・ハライカワさんはバーテンダー歴20年以上の、大宮の中では古参バーテンダーの一人。もともとはホテル勤務で間接的にバーテンダーの世界へ惹かれたことから始まり、その熱量のまま色々なバーを巡り、その過程で徐々に自身のバーの理想像が固まっていったそうです。結果として23歳という若さで大宮にて独立し、今では大宮の酒好きの方々から愛されるバーマンになりました。

接客スタンスは・・・恐らく来客の質によります(笑)。お酒・バーが好きで、それを嗜むこと自体が「目的」となっているような人には、老若男女問わず懇切丁寧に接してくれます。しかし、酔うため・騒ぐため・口説くため・マウンティングするためといった何かの「手段」として酒やバーを利用し、他の客に迷惑をかけるような人には、ソレ相応の対応をする方だと思います。芯のあるバーマンです。

<レアなウィスキーがおススメ>

ここでは詳しく載せませんが、メインは恐らくウィスキーです。筆者がハライカワさんから紹介いただいたのは、20○○年ボトリングの「ラ○○ーリン 2〇年」などの数々のレアボトルです。そのどれもが希少且つ美味なものばかり。棚奥から続々と引き出され、カウンターに並べられるボトル・・・正直、紹介いただいたものの中で「一体これはどれの何なのか??」と、よくわからないものがいくつかありました(笑)。

「良いウィスキー(+その他リキュールなどお酒全般)を飲めるかどうかなんてのは、結局は椅子取りゲームですからね」

レアボトルを所有していても、それを商品として提供せずコレクションしているバーは少なくない。「なぜレアボトルをこんなに紹介してくれるのか?しかも商品としてラインナップしているのか?」の筆者の素朴な疑問に、ハライカワさんは「椅子取りゲーム」と答える。

自身が気に入ったボトルであれば躊躇なくラインナップし、おススメし、生粋の酒好き達に「椅子取りゲーム」の如く嗜んでもらう・・・バーテンダーとしての彼にとってはそれが全てなのかもしれません。

ちなみに、どんなレアボトルも含めて全てのお酒が明瞭会計のため、若年層の方・バー初心者の方も安心して欲しい。

(1)ラ○○ーリン

スコットランド・アイラ島で生産されているシングルモルトウィスキー。非常にピーティでスモーキー、重厚感のある味わいを特徴としています。ストレートやロックでじっくりと楽しむのがおススメ。

 

<おススメの利用シーンは一人飲み>

あくまでおススメですが、断然一人飲みです!!!もしパートナーや友人と訪れる場合は、相手の酔った時の状態を把握したうえで利用ください。また、カード利用不可のため、現金を忘れずに。

<『BAR 祓』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式サイトはこちら
  • アクセス:大宮区仲町1-33-4 逸志ビル2階<最寄り駅:大宮駅東口>
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★☆
  • ウィスキー:★★★★★
  • カクテル:★★★☆☆
  • 接客スタンス:★★☆☆☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★☆☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • 芯のあるバーマン度:★★★★★
  • 『BAR 祓』が気になる方におススメのバー:恵比寿の奇才バーテンダーのお店『ODIN』
関連記事

今回は『ODIN』です。 <恵比寿の有名バーテンダー『ODIN』とは?> 恵比寿にある、静寂でお洒落な雰囲気が漂う地下型のバーです。恵比寿にあるバーとしては1994年創業で最古参になり、創業以来この店は名店(迷店?奇店?[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!