今回は『Bar SORA』を紹介します。

<池袋の落ち着けるバー『Bar SORA』とは?>

池袋駅東口から徒歩数分、戦後の飲み屋街の雰囲気が漂う栄町通りの中に『Bar SORA』はあります。

バーカウンターからは歴史と温かみを感じ、お酒のボトルが沢山並べられたバックバーに目を奪われ、小洒落たインテリアに和み、そしてレコードから流れる昭和のメロウな曲に包まれる・・・お店に一歩入った瞬間にホッとするバーです。

 

<ほど良くフレンドリーな店主>

約20年前、当時寂れて地味な通りだった栄町通りに、店主・タケゴウチさんは『Bar SORA』をオープンしました。『Bar SORA』は寂れた通りに息吹を与え、今の活気のある飲食店街へ導いた陰の立役者なのです。

また、筆者の知る限り『Bar SORA』は池袋全体で見ても最古参にあたる老舗バーで、『もるとや』や『Base』らとともに同エリアのバーシーンを長年支えてきたお店でもあります。

関連記事

今回は『もるとや』を紹介します。 <池袋の人気バー『もるとや』とは?> 池袋駅近くにあるウィスキーメインの老舗バーです。大通りにあるビルの裏手にひっそり佇む路面店型のバーで、店名が書かれた丸い看板とウィスキーボトルを乗せてある大きな樽が[…]

さて、そんなバーの店主・タケゴウチさんの接客スタンスは、お店の雰囲気と同様に温かくフレンドリーな感じです。彼は少し強面で渋い雰囲気もありますが、喋り方や接し方が柔らかいため女性やバー初心者でもすぐに落ち着けるでしょう。

基本的にお一人で仕切られているようですが、キャパは一人でも全体を見渡せる無理のない範囲になっていますので、オーダーを待たされてるといったこともそこまでないでしょう。

 

<美味しいウィスキーがおススメ>

ウィスキー及びカクテルがメインになるかと思います。所謂、スタイリッシュでかしこまった「オーセンティックバー」の雰囲気ではないですが、お酒のラインナップは痒い所に手が届くようなバーらしいバーになっています。

(1)ベンロマック

スコットランド・スペイサイド地方、大手ボトラーズ「ゴードン&マクファイル社」によって造られているスコッチウィスキー。

アードベッグやラフロイグなどのアイラモルトとは違ったスモーキーさ、濃厚でスウィーティーな味わいを感じられるブランドです。バーではもちろんですが、自宅で楽しんでみても良いと思います。

 

<おススメの利用シーンは一人飲み・サシ飲み>

キャパが広いバーではないため、基本は一人・サシ飲みがおススメです。

 

<『Bar SORA』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:公式インスタグラム(TEL:03-3987-6733
  • アクセス:東京都豊島区東池袋1-13-1 栄町通り <最寄り駅:池袋駅
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★☆☆
  • カクテル:★★★☆☆
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★★☆
  • 池袋でリラックスしたいならココ度:★★★★★
  • 『Bar SORA』が気になる方におススメのバー:オーナー同士が仲良し!?麻布十番のアットホームバー『Bar FORTIFIED』

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!