今回は『Barたか坂 』を紹介します。

銀座の落ち着くバー『Barたか坂 』とは?

銀座一丁目駅からほど近く、雑居ビル6階にあるオーセンティックバーです。かつての名優たちのポスターなどが飾られている廊下を少し歩くと、THE・オーセンティックな雰囲気のバー空間が広がっています。

綺麗なバーカウンターの正面にはバックバー、10席弱のカウンターと後ろには小さなテーブル席というスタンダードな構成です。壁に目を向けるとオードリー・ヘプバーンや、マリリン・モンローといった時代を彩った名優たちの写真・ポスターが飾られています

実力派のオーナーバーテンダーは映画好き

オーナー・タカサカさんは銀座の名バー『Bar 5517』にて、レジェンドバーマン・イナダさんのもとで研鑽を積んできました

イナダさんが鬼籍に入られた後、彼の跡を受け継ぐかたちで同バーのチーフバーテンダーとして活躍します。そしてユアサさん(現・『Bar 5517』チーフバーテンダー)やオダさん(現・『フラミンゴ』チーフバーテンダー)といった後進を育成した後に、2018年に『Barたか坂』を開き独立しました。

関連記事

今回は『Bar 5517』を紹介します。 銀座の老舗バー『Bar 5517』とは? 銀座5丁目の総合レストラン「三笠会館」の地下にあるオーセンティックバーです。『Bar 5517』は元々1925(大正14)年に氷水屋として創業した「三笠[…]

関連記事

今回は『フラミンゴ』を紹介します。 浅草のレトロな老舗バー『フラミンゴ』とは? 浅草の国際通り、人気パンケーキ店『紅鶴』の上階にある老舗バーです。『フラミンゴ』と『紅鶴』はともに、約50年前に創業した2階建てのジャズ喫茶店『カフェフラミ[…]

そうした銀座のバー界を支え続けた彼の接客は、ベテランらしい流麗で落ち着いた紳士スタイル。恐らくバー初心者でも緊張せずにすぐリラックスできるでしょう。

映画好きの方ですので、もしあなたもクラシカルな名作映画が好きでしたら、そういった話題で彼と盛り上がるのも良いかもしれませんね。

『Barたか坂 』では美味しい&綺麗なスタンダードカクテルがおすすめ

もちろん、スタンダードカクテル・クラシカルカクテル、ウィスキーなどのバーを楽しむためのメニューは満遍なく網羅しています。

関連記事

今回はバーでの定番カクテルを紹介する。カクテルの中でもマティーニ・マンハッタン・サイドカー・ギムレットなどのショートカクテルを中心に、それぞれのカクテルの魅力を少しでも伝えたられたらと思う。 後半にはバー好きの筆者的におすすめなカクテ[…]

関連記事

今回はアペリティフをテーマにした記事。 最近では日本においてもジワジワと広まってきている素敵な文化について、おすすめのアペリティフカクテル・洋酒紹介とともに綴っていく。 アペリティフとはフランス流の0次会文化 最近たびたび[…]

関連記事

今回はお酒にマッチするおつまみを紹介する。紹介するのはバーでもよく「お通し(バーチャーム)」として提供されることも多いものばかりなので、自宅での気軽な飲みにもおすすめできる。 絶妙な甘みや塩っ気が魅力のおつまみは、カクテル・ウィスキー[…]

ミーハーな筆者がオリジナルカクテルを所望したところ、タカサカさんはなんとも色鮮やかなカクテルを作ってくださいました。

(1)浪漫

タカサカさんのカクテルコンペ出品作品。蜂蜜・ウィスキーの入ったリキュール・ドランブイとブルーキュラソー、絞ったフレッシュライムをシェイクしてグラスに注いで、その表面にラムを垂らして完成です。

ドランブイの濃厚な甘みが効いているものの、ライムの爽快感などが合わさって全くしつこくない味わいになっています。

余談ですが・・・グラスとカウンターが光り輝いていますよね。この写真は何の気なしに撮っただけで、べつに狙って撮ったわけではありません。

タカサカさんの師・イナダさんは、カクテルメイク以上に清掃・清潔感を重要視していた方だったそうです。タカサカさんにもそのイズムが受け継がれていることが、この写真を見ただけでもそれを窺える気がします。

おすすめの利用シーンは昼飲み・一人飲み

こちらのバーは銀座で珍しい14時オープン、終電前後でクローズという営業時間になっています。

「うちのバーは夜ではなく、寧ろ日中から夕方にかけて、沢山のお客さんが来ていただいていますよ」

タカサカさんはそう仰っていました。銀座1~2丁目というエリアには、大型シッピング施設やファッションブランドの路面店などが多くあり、銀座とはいえ昼の時間帯が賑わっているため、その土地柄の影響が強いのでしょう。

あなたも“銀ブラ”をした帰りにでも、至極のカクテルを一杯楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

バー(BAR)で一人飲みする際の過ごし方は、バー初心者の方にとってはトップクラスに気になることだと思う。これまでバーで散々飲み倒してきた筆者も、周囲から「バーで一人飲みしてみたいけど、何すればいいかわからないんだよね~」なんて言われてきた。[…]

関連記事

紳士諸君の中には、バーに行く時の服装選びで迷ったことがある方もいるのではないだろうか。「オーセンティックバー」「ホテルバー」などのオシャレでリッチなバーでは、厳格なドレスコードがあるわけではないものの、ジャケパンやスーツスタイルなど推奨され[…]

関連記事

今回はバーでの定番カクテルを紹介する。カクテルの中でもマティーニ・マンハッタン・サイドカー・ギムレットなどのショートカクテルを中心に、それぞれのカクテルの魅力を少しでも伝えたられたらと思う。 後半にはバー好きの筆者的におすすめなカクテ[…]

関連記事

今回の記事では大学生・専門学生などがバーへ初めて行く際に、気を付けておきたいポイント・注意点を紹介する。学生時代からアラサーになる今日まで、東京都内を中心に腐るほどバーで飲んできた筆者・タリトネが、学生でも楽しいバータイムを過ごせるような情[…]

『Barたか坂 』情報まとめ

  • 公式サイト/SNS:公式サイトはこちら(TEL:03-6228-7087
  • アクセス:東京都中央区銀座2-4-19 GINZA SENRIKEN 6F<最寄り駅:銀座一丁目駅>
  • キャパ・広さ:★★★☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★★☆
  • ウィスキー:★★★★☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★☆
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★★★
  • 友人・知人飲み:★★★☆☆
  • 銀座の昼顔度:★★★★★
  • 『Barたか坂 』が気になる方におススメのバー:渋谷の大人たちの憩いの場『BAR CAPRICE』
関連記事

今回は『BAR CAPRICE』を紹介します。 渋谷の隠れ家的バー『BAR CAPRICE』とは? 若者の街・渋谷道玄坂にありながら、渋さとアットホーム感の漂う大人の地下型のオーセンティックバーです。ドアから右手にかけて8席程度のハイカ[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!