今回は『la france』を紹介します。

<銀座の落ち着くバー『la france』とは?>

銀座7丁目の雑居ビル5階にひっそりとあるオーセンティックバーです。温かみのある照明に包まれたホワイトとブラウンを基調とした店内は、来客がすぐ安心感を抱くような雰囲気が演出されています。

カウンターから見て正面にバックバー、右側の壁にはフルーツカクテルが記載された黒板が設けられています。ちなみに、席はローカウンター席と小ぶりなテーブル席という構成です。

 

<店主は明るくフレンドリーな接客をしてくれる>

店主・ヤマテさんは恵比寿の名店・『ODIN』にて、鬼才バーテンダー・キクチさんのもとで研鑽を積んできました。その後、2001年に同店の銀座店を展開する際、キクチさんからそちらのオープニングスタッフとして営業を任されます。

関連記事

今回は『la france』を紹介します。 <銀座の落ち着くバー『la france』とは?> 銀座7丁目の雑居ビル5階にひっそりとあるオーセンティックバーです。温かみのある照明に包まれたホワイトとブラウンを基調とした店内は、来客がすぐ[…]

そうして銀座店を営業しながら、10年以上に渡りバー経営のノウハウを積んでいたヤマテさん。そんな中、キクチさんから突然「銀座店、閉めるから」と告げられます。

「ある意味でタイミングが良かったんです(笑)」

ヤマテさんにとってまさに青天の霹靂でしたが、その頃には自身の中で独立も若干考えてもいたようです。結果的には、タイミング良く独立へ舵を切れたことになります。

さて、そんなヤマテさんの接客は人懐っこく、非常にフレンドリーで朗らかなスタンス。お店の雰囲気とマッチする笑顔の素敵なバーマンです。バー初心者の方でも緊張せずに過ごせると思いますよ。

 

<女性にも人気なフレッシュフルーツカクテルがおススメ>

カクテルやウィスキー、その他のスピリッツ・リキュールどれも豊富にあると思います。特にフルーツカクテルはおススメですよ。

(1)ほおずきのフルーツカクテル

長野県白馬村の「ほおずき」は、柑橘系のフルーティ且つジューシーな香り・味わいを特徴としています。こちらのカクテルはその「ほおずき」と、ベースのラム(ハバナクラブ)とホワイトキュラソーを合わせたショートカクテル。

「ほおずき」の柑橘系の美味しさと飲みごたえのあるラムによって、ゴクゴクっと味わいながら楽しめました。

こちらのバーでは、常に十数種類のフルーツ・野菜が用意されています。そのため、好きなフルーツやベースとするお酒(ラム・ジン・ウォッカなど)、甘さ・酸味・苦味の度合いなど・・・その時の好みをヤマテさんに伝えれば、それに合わせたフルーツカクテルを提供してもらえますよ。

ヤマテさんの師・キクチさんは、お酒だけでなくフルーツ・野菜にも精通しているバーテンダーです。そうした師と同じく、ヤマテさんも国内外の農家の方々とコミュニケーションを図り、より良いカクテルの素材を取り寄せているのではないでしょうか

 

<おススメの利用シーンは一人飲み・サシ飲み>

一人飲み・友人とのサシ飲みが合っている気がします。のんびりとフルーツカクテルを楽しんでくださいね。ちなみに、フードメニューはないということなので、食事は別で済ませてください。

 

<『la france』情報まとめ>

  • 公式サイト/SNS:なし?(TEL:03-6274-6887
  • アクセス:東京都中央区銀座7-3-16 東五ビル 5F<最寄り駅:銀座駅>
  • キャパ・広さ:★★☆☆☆
  • 価格設定のオーセンティック性:★★★☆☆
  • ウィスキー:★★★☆☆
  • カクテル:★★★★★
  • 接客スタンス:★★★★★
  • 一人飲み:★★★★★
  • デート飲み:★★★☆☆
  • 友人・知人飲み:★★★★☆
  • フレンドリーの裏に隠れてるカクテルへの情熱度:★★★★★
  • 『la france』が気になる方におススメのバー:同門出身者のリラックスバー『家鴨社』
関連記事

今回は『家鴨社』を紹介します。 <神楽坂のサブカルチックなレコードバー『家鴨社』とは?> 神楽坂通り沿いの雑居ビル2階にあるバーです。ビルの細い階段を上がっていき、2つあるドアのうち右の方からバーへ入ってください。左の方はガールズバーだ[…]

※「情報まとめ」項目の説明はこちら!

最後までお読みいただきありがとうございます!
紹介情報はお役に立てましたでしょうか?
当サイトではこの他にも魅力的なバーを沢山紹介しています。
是非ともトップページなどにあるエリア検索機能などからお目当てのバーを探してみてください!
今宵、あなたにとって至福のバータイムが訪れますように・・・。

最新情報をチェックしよう!