【女性や学生必見!】カジュアルバーのマナー・おすすめな服装とは?

今回はカジュアルバーの特徴・魅力や、オーセンティックバーとの違いを紹介する。カジュアルテイストなバーには様々な魅力があるが、最低限抑えておきたいマナーなどもある。

記事後半ではバーのマナー・ドレスコードの解説や、おすすめなカジュアルテイストなバーも10店厳選してみた。カジュアルバーに興味がある方や、バー初心者の方はぜひ参考にしてみてほしい。

それでは、カジュアルバーについての紹介スタート!

カジュアルバーとは?オーセンティックバーとの違いも紹介

最初にカジュアルバーの特徴や、類似の形態であるオーセンティックバーとの違いについて紹介する。

カジュアルバーの特徴や魅力

日本にある所謂「バー(BAR)」と呼ばれる酒場には、以下のような種類をはじめ様々な形態がある。

  • ホスピタリティ性が高い「オーセンティックバー」「ホテルバー」
  • 安価でカジュアルにお酒を楽しめる「ショットバー」
  • お酒のほかに食事も楽しめる「ダイニングバー」
  • ダーツやビリヤードなどエンタメ要素の強い「アミューズメントバー」

これ以外にも世の中には有象無象のバーがあるが、正直、それぞれの種類ごとに厳格な定義はない。今回取り上げている「カジュアルバー」にも同様のことが言えて、カジュアルバーを名乗るための絶対的に必須な要素はないと思う。

筆者が強いて考える、カジュアルバーの細かな特徴・魅力は以下のようなもの!

  • 店内はウッド調やモノトーンで統一されていて、オシャレな空間でハイカウンター席に腰掛けつつくつろげる
  • ポップミュージックやブラックミュージックなどがBGMとして流れていて、軽くリズムに乗りながら楽しみやすい
  • フランクな接客が得意なバーテンダーによる美味しいカクテルなどが飲める
  • 客単価はおよそ2,000~5,000円程度で、バーだと考えると財布に優しくコスパも良い

渋谷リキッドファクトリー

タリトネ
筆者の思うカジュアルバーの雰囲気の例はこんな感じです。バーテンダー・スタッフの方の服装も含めて、ややカジュアルな魅力がありますよね♪

つまり、カジュアルバーとは「バーテンダー・隣客・友人らと雑談をほど良く交わせて、客単価がおおよそ数千円で収まるようなバー」といったところだろう。

オーセンティックバーとの違い

オーセンティックバーの「オーセンティック(authentic)」には、本物・格式高い・信頼できるなどのニュアンスがある。オーセンティックバーもその名の通り、あらゆる面で本格的な酒場である。どのように本格なのかは、以下の通りだ。

  • 一定期間の修行を経た職人・バーテンダーが、レベルの高いサービスを提供する
  • 複雑な味や香りのするカクテルや、レアで高級なウィスキー・ワイン・ジンなどを一人飲み・デートで堪能できる
  • 間接照明などで演出した都会的なバー空間を、ジャズやクラシックで包み込む

タリトネ
オーセンティックバーは例えば上の写真のようなところです。どうです?シックな感じでオシャレでしょ?

オーセンティックバーはカジュアルバーと比べて、やはり重厚で都会的な雰囲気がある。ちなみに、当サイトで紹介しているバーの多くは、このオーセンティックバーに類するお店だ。もしオーセンティックバーにも興味があるようなら、各記事読んでみてほしい。

関連記事

筆者は現在アラサーの社会人で、学生時代から東京都内を中心に200軒ほどのバーを巡ってきた。バーでの現場にて見聞きする限り、コロナ禍を通して学生~アラサー世代の一人飲みなどバー利用がジワジワと増えているようで、バー好きの筆者としては勝手に嬉し[…]

カジュアルバーのマナーや服装のチェックポイント

ここでカジュアルバーをはじめバーでの基本的な過ごし方や、気をつけたいマナー・服装などについて解説する。簡略的な内容になっているので、マナーやドレスコードなどを網羅的に触れている記事のリンクも適宜掲載した。

バーを楽しく過ごすためのマナーとは?

初心者やこれからバーデビューしようという方にとって、バーでの上手な過ごし方は事前に知っておきたいところ。筆者の知る限りで、バーで気持ちよく過ごすためのマナーをザックリ紹介する。

  • 大声で話さない、居合わせたほかの客にマウンティングやセクハラをしない
  • バーテンダーに高圧的な態度を取らない
  • お酒をできるだけ丁寧に飲んで、バーの雰囲気を乱さない

これが超絶基本的なバーのマナーだ。もちろん、バーにはほかにも細かなマナーやおすすめの過ごし方がある。

タリトネ
バーのマナーについてより深く知って、安心安全に楽しく飲みたい方は下記の記事をぜひチェックしてみてください!
関連記事

これまで200軒近くのバーへ訪れてきた筆者。バー巡りの過程で、バー未体験の方やバー初心者の方から「BARって細かいマナーがありそうでめんどくさそう」「BARでの過ごし方がよくわからない」などとたまに言われてきた。 今回の記事は、東京な[…]

関連記事

今回の記事では大学生・専門学生などがバーへ初めて行く際に、気を付けておきたいポイント・注意点を紹介する。学生時代からアラサーになる今日まで、東京都内を中心に腐るほどのバーで飲んできた筆者・タリトネが、学生でも楽しいバータイムを過ごせるような[…]

バーの服装選びはキレイめコーデがベスト!

バーに訪れる際、気を付けておきたいこととして服装選びがある。特にオーセンティックバーやホテルバーなどでは、キレイめなスタイルが好まれる。

そのため、サンダル・短パンなどで訪れると、バーによっては入店させてもらえないこともあるだろう。バーを利用する前に、NGな服装を着ていかないように注意しておきたい。

タリトネ
オーセンティックバーなどの格式高めなバーのドレスコードに関しては下記記事にまとめています。気になる方はぜひチェックしてください!
関連記事

「バーって何してれば良いの?」「実際、ドレスコードってどんな感じ?」など、バーデビューしたいという方から必ず挙げられるこれらの疑問。 こちらのページでは、150軒以上のバーを巡ってきた筆者がリアルに肌で感じてきた、バーでのおススメの過[…]

さて、カジュアルバーについては、特にこれといったドレスコードがない。そのため、ある程度の清潔感があれば大丈夫。バーとはいえ公序良俗に反していない限り、そこまで服装について気を付けておく必要はないだろう。

バーでよく飲まれるお酒はなに?

バーで一般的に飲まれるお酒はカクテル・ウィスキー・ワイン・ジン・ラム・ブランデー・テキーラなど。主に洋酒と呼ばれる種類がメインだと覚えておきたい。

特にカクテルは人気が高く、バーテンダーの知識や技術を堪能できることもあっておすすめ。このほか、ハイボールなども居酒屋とはレベルの違う一杯を頂ける。

バーならではのクオリティの高いお酒を、楽しく嗜んでみてほしい。

関連記事

今回はバーでの定番カクテルを紹介する。カクテルの中でもマティーニ・マンハッタン・サイドカー・ギムレットなどのショートカクテルを中心に、それぞれのカクテルの魅力を少しでも伝えたられたらと思う。 後半にはバー好きの筆者的におすすめなカクテ[…]

関連記事

今回はハイボールにおすすめのウィスキー銘柄を紹介します。 紹介するのは、バーテンダーからも信頼されているハイボール向けウィスキーを含む厳選15銘柄です。 それでは早速紹介スタート! そもそもハイボールとは? ハイボールとは「[…]

カジュアルに過ごせるおすすめなバー10選

最後にカジュアルに過ごせるバーの中で、当サイトで紹介しているおすすめな東京のお店を紹介する。興味があるようだったら、ぜひバーへ訪れてみてほしい。

関連記事

今回は『LITTLE SMITH』です。 <銀座の隠れ家バー『LITTLE SMITH』とは?> 銀座六丁目にある地下型の老舗オーセンティックバーです。地下の扉を開けると、楕円形のバーカウンターとその中央にバックバースペ[…]

関連記事

今回は『Shot Bar Moorie』を紹介します。 <下町のウィスキーが充実したバー『Shot Bar Moorie』とは?> 下町情緒漂う両国・森下近辺、閑静な住宅街の中にポツンとある庶民派のバーです。「Shot Bar Moor[…]

関連記事

今回は『ガストロ バー ベジョータ』を紹介します。 <人形町で料理も楽しめるバー『ガストロ バー ベジョータ』とは?> 人形町にてコロナ禍にオープンしたばかりの新店です。雑居ビルの地下にある地下型バーで、お店にはエレベーターを利用して向[…]

関連記事

今回は『LIQUID FACTORY』を紹介します。 <渋谷の個性派バー『LIQUID FACTORY』とは?> 渋谷の宇田川町方面にある路面店型のバーです。渋谷の中心街からやや離れた閑静なエリアにあり、ガラス窓のおしゃれな外観とガレー[…]

渋谷リキッドファクトリー
関連記事

今回は『カエサリオン』を紹介します。 <代々木上原のカクテルバー『カエサリオン』とは?> 代々木上原駅近くにある路面店型の老舗バー『カエサリオン』は、閑静な雰囲気の街並みに溶け込むように構えています。シックな外観が特徴的で、扉を開けば大[…]

関連記事

今回は『BAR TRENCH』を紹介します。 <恵比寿の国際派バー『BAR TRENCH』とは?> 恵比寿駅西口から徒歩数分歩いたところ、シックで控えめな外観で佇んでいる路面店型オーセンティックバーです。 国内外のバーランキング「[…]

関連記事

今回は『New Cinema Paradise』の紹介です。 <赤坂の映画バー『New Cinema Paradise』とは?> 赤坂見附駅からほど近く、雑居ビルの5階にある映画をコンセプトにしているバーです。席構成はバ[…]

関連記事

今回は『THESE』を紹介します。 <西麻布のライブラリーバー『THESE』とは?> 西麻布の路地にある一軒家を丸ごと活用した路面店型バーです。白い壁と「THESE」の文字が印象的な外観で、中に入るとまるでライブラリー・書斎を思わせる雰[…]

関連記事

今回は『WODKA TONIC』の紹介です。 <西麻布の有名バー『WODKA TONIC』とは?> 麻布エリア(西麻布・六本木等)のバー界を牽引してきた有名オーセンティックバーです。店内はカウンター席といくつかのテーブル席があり、オーセ[…]

関連記事

今回は『Bar tail』を紹介します。 <高円寺の高架下にあるバー『Bar tail』とは?> 高円寺駅南口から出て、高架下に沿って少し歩くとある路面店型のバーです。程よい照明に照らされた温かなウッド調の店内を、カントリーやウェスタン[…]

バーをカジュアルに楽しもう!

今回はカジュアルバーの特徴やオーセンティックバーとの違い、さらにはカジュアルテイストなバーを紹介させてもらった。カジュアルなバーには様々な魅力があるので、初心者の一人飲みバーデビューにも向いている面もある。もし、興味があるようだったら今回まとめているバーや、ほかに紹介しているお店などにぜひ訪れてみてほしい。

最新情報をチェックしよう!