筆者は現在アラサーの社会人で、学生時代から東京都内を中心に200軒ほどのバーを巡ってきた。バーでの現場にて見聞きする限り、コロナ禍を通して学生~アラサー世代の一人飲みなどバー利用がジワジワと増えているようで、バー好きの筆者としては勝手に嬉しくなっている。

そこでこちらのページでは、バー初心者でも静かにのんびりと過ごせるおススメの東京のバーを紹介する。以下に、紹介するバーの共通点を挙げておく。

①若手~中堅バーテンダーが活躍している

②一見さんに対しても可能な限り丁寧な接客をしてくれる

③カクテルやウィスキー、ジン、ワインなど洋酒にある程度のこだわり・ノウハウを持っている

④一人飲みに最適なカウンター席があり、且つ全体の席数は抑えめ(=パブやダイニングバーほど騒がしくない)

⑤ウッド調やシックな内装、落ち着く照明・音楽で空間がデザインされている

以上のような観点から、おススメの東京のバーを10軒紹介する。他の口コミサイト・まとめサイトにありがちなただ「お洒落なバー」ではなく、「お洒落なバー空間」且つスタッフの接客が丁寧であり、男女問わず一人飲み・サシ飲みでリラックスできる可能性が高いバーであることを約束する。

しかし、一点だけ留意してほしいのは、バーテンダーも「人間」ということ。その日の調子や、お店の混雑具合によって十分な接客ができないこともある。あくまでも可能な限り明るく、カラッと接するように努めてくれるバーという認識に留めていて欲しい。

また、各バーに当サイトの詳細な紹介記事をリンクさせているので、気になったバーはそちらも併読してみて欲しい。紹介記事ではどういう経歴・こだわりをもっていて、どういう接客をするバーテンダー・スタッフが活躍しているのか、どういった利用シーンにおススメなのかなど、筆者が現場で仕入れたお店の詳細な情報を載せている。


銀座の地下にある大人の隠れ家/銀座『OPA』

紹介記事

今回は『OPA』銀座店です。 <銀座・日比谷の有名バー『OPA』銀座店とは?> 『OPA』とは銀座1丁目の地下にひっそりとあるオーセンティックバーです。バーが数多ある銀座の中でも、人気と実力を兼ね備えた同エリアを代表する[…]

有楽町・日比谷寄りでショッピング施設が立ち並ぶ銀座1丁目。“昼の街”の印象が強いこのエリアの地下に、カウンターメインの大人の社交場的バー『OPA』はある。

現オーナーは綺麗な店内が似合う凛とした女性。接客が柔らかくこちらに緊張感を与えない。また、彼女のもとで経験を積み接客・カクテルメイクもこなす、アシスタントのバーテンダーの男女2人も落ち着いた印象だ。

きっとバー初心者の方や女性に対しても、柔らかくハキハキと接客してくださると思う。オーダーするお酒に迷うようだったら、彼女たちへ素直に気分を伝えて身を委ねてみて欲しい。

日本チャンピオン夫婦が営むバー/銀座『Bar Landscape.』

紹介記事

今回は『Bar Landscape.』を紹介します。 <銀座の人気バー『Bar Landscape.』とは?> 銀座6丁目のビル地下にあるオーセンティックバーです。地下にあるとはいえ、店内に一歩入れば天井の高い開放感のあるバー空間が広が[…]

日本で一番のバー激戦区・銀座6丁目にある地下型オーセンティックバー。老舗バーがひしめく同エリアの中では新店だが、フレッシュなだけでなく既に洗練された雰囲気がある。

このバーを営んでいるご夫婦は、共に銀座の名店で研鑽を積み、カクテルコンペで日本一に輝いた経歴を持つ。カクテルやウィスキーなど、お酒に対して高いこだわりやノウハウがあることは実証済みだ

また、キャパはそれなりにあるが、ご夫婦とアシスタントバーテンダー含めて常に3~4人がカウンターに常駐している。そのため、一定のホスピタリティが常に保たれており丁寧な接客が心掛けられている。バー初心者の方も安心して利用してみて欲しい。

綺麗なカウンターとバックバーのスタイリッシュなバー/人形町『バー ヴィクターズ』

紹介記事

今回は『バー ヴィクターズ』を紹介します。 <日本橋・人形町の隠れ家的バー『バー ヴィクターズ』とは?> 近年、バー街として急成長しつつある人形町で、2020年夏に開店したばかりの<新参者>のバーです。 雑居ビルの2階に上がり店内[…]

人形町にある新店のオーセンティックバー。ダーティでほのかな色気を感じるバー空間の中では長く綺麗なカウンターと、いっぱいのボトルが並べられた壮観なバックバーが目をを惹く。

店主は銀座で研鑽を積んできた実力派バーマン。銀座流の明るくも丁寧な接客で、バーの初心者や女性の方にもリラックスしやすい雰囲気を演出してくれるだろう。

あなたもシンプルながら大人な雰囲気の中で、カクテルやウィスキーなどを嗜んでみてはいかが?

レトロな雰囲気漂う老舗のバー/浅草『フラミンゴ』

紹介記事

今回は『フラミンゴ』を紹介します。 <浅草のレトロな老舗バー『フラミンゴ』とは?> 浅草の国際通り、人気パンケーキ店『紅鶴』の上階にある老舗バーです。『フラミンゴ』と『紅鶴』はともに、約50年前に創業した2階建てのジャズ喫茶店『カフェフ[…]

創業から半世紀以上、地元から愛され続けている浅草の超老舗オーセンティックバー。バーへの階段からバックバーの隅々に至るまで、非常にレトロで独特な雰囲気が漂っている

超老舗ではあるが創業当時からの初代オーナーは引退し、現在は銀座でも修業を積んできたバーマンと若手アシスタントが後を継いでいる。お2人ともレトロな『フラミンゴ』のバー空間に溶け込む笑顔の素敵な紳士だ。

彼らならバー初心者や女性の一人飲みでも、お酒について優しくリードしてくれるだろう。グループ席もいくつかあるため、ちょっとした飲み会や女子会利用にも良いだろう。

女性バーテンダーによる美しきカクテル/新宿三丁目『Bar Kasasagi』

紹介記事

今回は『Bar Kasasagi』を紹介します。 <新宿の落ち着くバー『Bar Kasasagi』とは?> 新宿三丁目の雑居ビルの地下にある地下型バーです。当サイトでも紹介している『Bar Bruder』と同じビルになります。 [[…]

ディープなバー街・新宿三丁目の地下にあるこじんまりとしたバー。青緑色の壁を基調としたシンプルなバー空間では、綺麗なブラウンのカウンターが“大人な酒場感”を演出している

店主は池袋などで研鑽を積んできた、なんとも気高くバーの似合う格好良い女性バーテンダーだ。良い意味で渋く男臭いバーが多い新宿三丁目において、女性店主が営むバーは貴重な存在といえる。

接客・カクテルメイクともに彼女がこなしているようだが、比較的こじんまりとしたキャパのため一定のホスピタリティは保たれている。バー初心者の方も安心して利用してみて欲しい。

一人飲みに最適な隠れ家的バー/中野『ルミアージュ』

紹介記事

今回は『ルミアージュ』を紹介します。 <中野の隠れ家的バー『ルミアージュ』とは?> 中野駅北口から徒歩5分ほどのところにあるオーセンティックバーです。アーケード街から小路に入って、とある雑居ビルの2階まで階段で上がり、正面のドアを開けば[…]

中野駅から続くアーケード街を抜けた近くにある隠れ家的バー。店内はバックバーを取り囲むように設けられたL字型ハイカウンターがあり、そのカウンターと壁棚にボトルが所狭しと置かれたディープな空間が魅力的だ。

店主はそんなディープなバー空間と髭の似合うジェントルマン。ウィスキーやカクテルへのこだわりとノウハウをもって、バーやお酒にあまり詳しくない一見さんに対しても懇切丁寧な接客をしてくれるだろう

席はカウンターのみのため、グループ利用よりも一人飲み・サシ飲みがメインとなっている。中野駅周辺には飲食店も多いため、ぜひ2軒目利用でこちらのバーを訪れてみて欲しい。

サブカルの街にあるアットホームなバー/高円寺『Bar tail』

紹介記事

今回は『Bar tail』を紹介します。 <高円寺の高架下にあるバー『Bar tail』とは?> 高円寺駅南口から出て、高架下に沿って少し歩くとある路面店型のバーです。程よい照明に照らされた温かなウッド調の店内を、カントリーやウェスタン[…]

サブカルチャーの街・高円寺の高架下にあるバー。ウッド調の暖かな雰囲気が魅力で、リラックスした一人飲みやサシ飲みに最適だ。

店主は舞台を中心に俳優活動をしていたという、バーテンダーとしては異色の経歴の持ち主。なにやら彼をサポートしている方も舞台役者の方だとか。サブカルの街ならではのバーテンダーとスタッフかもしれない。

優しく朗らかな彼らと談笑しながら、看板メニューのちょっとレアなウィスキーやオリジナルの果実酒を嗜んでみてほしい。

青山の地下にあるおしゃれなバー/青山・表参道『L’asile』

紹介記事

今回は『L'asile』を紹介します。 <青山の隠れ家的老舗バー『L'asile』とは?> 南青山の路地、地下にひっそりとある隠れ家的オーセンティックバーです。階段で地下に下っていくと程よい照明に照らされ、コンクリート壁に囲まれたやや無[…]

青山にある地下型のオーセンティックバー。地下への階段を下っていくと、無機質なコンクリートの壁に囲まれ、綺麗なバーカウンターが目を惹くオシャレで素敵なバー空間が広がっている。

創業から20年以上の同エリアの中では古株のバーだが、これまで店主・メインバーテンダーが独立する度に代替わりしてきた。そのため、若手バーテンダーによる良い意味で常にフレッシュ且つ、ほどほどに柔らかい接客がなされる。

お酒についても申し分ない。フレッシュフルーツを使用したカクテルを中心に満遍なく揃っている。美味しいカクテルに舌鼓しつつ、ぜひバー初心者や女性の方もリラックスしてみてはいかがだろう。

夜景も望めるスタイリッシュなバー/恵比寿『Bar Noir』

紹介記事

今回は『Bar Noir』を紹介します。 <恵比寿の夜景が見えるおしゃれなバー『Bar Noir』とは?> 恵比寿駅西口近くにあるバーです。店内は天井が高く開放的で、窓際にあるテーブル席からは都会的な恵比寿の夜景が一望できます。オシャレ[…]

恵比寿の通り沿いのビル5階にあるアーバンなオーセンティックバー。天井が高く開放感があり、窓ガラス近くのソファテーブル席からは恵比寿の都会的な景色が見える。

オーナーとサブバーテンダーはともに東京都内のホテルバー出身で、ホテルバー譲りの丁寧で紳士的な接客を心がけてくれる。ウィスキーやカクテルなどお酒への見識も相当なものだ。

恵比寿でバーデビューしたい方や、特別なデートで利用したい場合はこちらがおススメだ。ぜひカウンター席へ腰掛けて美酒に酔ってみて欲しい

ウィスキーやジンを楽しめるバー/三軒茶屋『Bar Cielo』

紹介記事

今回は『Bar Cielo』を紹介します。 <三軒茶屋の人気なバー『Bar Cielo』とは?> 三軒茶屋のとあるビルの2・3階にあるオーセンティックバーです。路面に面した白い洞窟のような入り口から階段を上がっていくと、2・3階それぞれ[…]

三軒茶屋の駅近くの飲み屋が立ち並ぶ小道に、まるで洞窟のような外観をした特徴的なお店が『Bar Cielo』だ。その洞窟から続く階段を上がっていくと、2・3階にそれぞれ趣きの異なるバー空間がある。

店主兼3階のチーフバーテンダーは都内で研鑽を積んできた中堅バーテンダー、そして彼から2階を任されているメインバーテンダーはアラサー世代の若手バーテンダー。他のスタッフも含めて、皆さん丁寧な接客を心がけてくれる

2階はジンが豊富なややカジュアルなバーで、3階はウィスキーやカクテルなどが豊富且つ渋く重厚なバーである。その日の気分や、利用用途で使い分けられるだろう


「【2022年最新】初心者・女性にもおススメな東京都内のバー10選!」は以上。紹介しているバーに行けば、最高のバータイムが過ごせるだろう。

なお、昨年で更新が止まっているため一部やや古い情報も含まれるかもしれないが、「【バー初心者にピッタリ】明るく丁寧な接客をしてくれる東京バー特集」にもバー初心者や女性の方でも楽しめるバーをまとめている。そして、バーに不慣れな方に向けて「【ドレスコード・マナー】絶対失敗しないバーでの過ごし方」という記事も書いている。気になるようだったらぜひ参考にしてみて欲しい。

関連記事

「はぁ・・・どうしよ、やっぱ止めとこうかな」と、重厚で分厚いバーの扉にはそう緊張させる・躊躇させる何かがある。バーに初めていく時は誰でも緊張するもの。 こちらのページでは、120軒以上のバーを巡ってきた筆者の経験から、お客に対してバー[…]

関連記事

「バーって何してれば良いの?」「実際、ドレスコードってどんな感じ?」など、バーデビューしたいという方から必ず挙げられるこれらの疑問。 こちらのページでは、150軒以上のバーを巡ってきた筆者がリアルに肌で感じてきた、バーでのおススメの過[…]

各バーの紹介記事も含めて、当サイトが少しでもバー探しの一助となれたら幸いだ。

なお、当サイトの紹介記事はエリア別検索や、フリーワード検索で絞ることもできるため、もしここで紹介していない他のバーも気になるようだったら是非活用いただきたい。

最新情報をチェックしよう!